VIO脱毛で生理のムレが軽減される理由や生理中にオススメのムレ対策

VIO脱毛をすると、生理のムレが少なくなるというのは本当ですか?

はい、本当です。VIO脱毛をするとアンダーヘアに経血が付くこともなくなりますので、ムレやニオイが軽減されるようになります。

そうなんですね。生理中のムレ対策にはVIO脱毛がいいんですね。他にも、生理中のムレ対策があれば知りたいです。

分かりました。ではここではVIO脱毛で生理のムレが軽減される理由や、オススメのムレ対策などをご紹介していきましょう。

医療レーザーのVIO脱毛で生理中のムレが解消される?

生理中のムレやニオイはとても気になるものです。

VIO脱毛をすると、生理中のムレやニオイが劇的に少なくなります。

これはVIO脱毛をしたことでアンダーヘアに経血が絡みつくことが無くなり、ムレやニオイの元になる雑菌が繁殖しにくくなるからです。

ここでは、なぜ生理中はムレやすくなるのかその原因や、オススメのムレ対策をご紹介していきましょう。

生理中にムレる原因は何?

医療レーザーのVIO脱毛で生理中のムレが解消されることをご紹介する前に、まずは”生理中はなぜあんなにムレるのか”その原因をご紹介していきましょう。

原因①デリケートゾーンは汗腺が多い

デリケートゾーンは汗腺が多いので、汗をかきやすい部分です。

VIOのデリケートゾーンは汗が出てくる汗腺が、普通の部位よりも多いといわれています。ですから必然的に、汗をかきやすくなります。

また女性は汗の他にも、オリモノなどの分泌物も出てきます。汗、オリモノ、経血などが混ざり合うと、ムレは余計に増えます。

加えて生理中は、経血の横モレや後ろモレを防ぐために、しっかりとした厚みのある素材のショーツをはくことも多いので、風通しがとても悪く、ムレやすくなる傾向が強まります。

原因②肌にナプキンが張り付き、温度が上昇する

生理中は肌とナプキンの間の温度が上昇し、中がムレます。

人間の体は常に36度前後の体温を維持しています。生理中はナプキンを装着しますので、肌とナプキンの接着面やデリケートゾーンはそれ以上に温度が上がり、とてもムレやすくなります。

春夏は特に汗をかきやすいので、ショーツ内の温度は一向に下がることはなく、ムレは増加するばかりになります。

原因③アンダーヘアがある

アンダーヘアが多いと、生理中のムレは多くなります。

アンダーヘアが多かったり剛毛であったりすると、生理中のムレは他の人よりも多く感じやすいです。

アンダーヘアがあることで、経血と汗と雑菌を常に体にまとわりつかせていることになりますから、ムレもニオイも発生させやすくなります。

アンダーヘアの毛量やアンダーヘアが生えている範囲には個人差がありますが、アンダーヘアがあることで生理の経血はナプキンに吸収されずらくなり、ムレ感が大幅に増加します。

生理のムレが起こる最大の原因は、アンダーヘアに経血が付着することです!デリケートゾーンは汗もかきやすい部分なので、汗と経血と雑菌が混ざってムレが発生します!

VIO脱毛をすれば生理中のムレが確実に少なくなる理由

cuncon / Pixabay

アンダーヘアが無くなると生理中のムレが解消されやすい!

VIO脱毛をしてアンダーヘアが無くなると、生理中のムレやニオイは解消されやすくなります。

アンダーヘアがモジャモジャと生えていると、生理時に出る経血がアンダーヘアに大量に付きますから、とても不衛生な状態になります。

デリケートゾーンは生理中でなくとも、とても汗をかきやすいところです。ですから、ただアンダーヘアがあるというだけでムレが発生して、デリケートゾーンがかゆくなってしまうという方も多いです。

アンダーヘアを脱毛することで、生理の経血がアンダーヘアにからみつくことなく、ナプキンにダイレクトに”スッー”と吸収されるようになります。

アンダーヘアをVIO脱毛することで得られるメリットはとても多く、自己処理の必要性もなくなりますし、ムレやニオイも解消されて生理中もいつも通りに気持ちよく過ごせるようになります。

VIO脱毛は全然恥ずかしくない?

VIO脱毛の施術は、あまり恥ずかしくありません。

VIO脱毛をすると生理中のムレやニオイを軽減させることが出来ると述べましたが、現在、この大きなメリットを受けようとVIO脱毛の施術をする女性がとても増えています。

10代であれば、水泳やバレエを習っている子も医療レーザー脱毛をする時代です。20代、30代、40代はオシャレな下着や水着を楽しむために脱毛する方が多いです。50代、60代であればプールに通って運動をする方などが、こぞってVIOの医療レーザー脱毛をしています。

10代でも医療レーザー脱毛はできます。詳しくは、「10代で永久脱毛ってしてもいいの?何歳から通える?料金は?」をご覧ください。

またVIO脱毛は、あまり人に見られたくないデリケートな部分に医療レーザーを照射して脱毛していきますので、「施術する時の体勢って、めちゃくちゃ恥ずかしいんじゃない?」と心配してしまう方もいるかもしれません。

しかしクリニックのVIO脱毛の施術は、小さめショーツとタオルを使って上手にズラしながら行われていくので、恥ずかしいと思わなくても大丈夫です。

そしてクリニックには、”生命を預かり最善の治療を施す”ことを使命とした医師や看護師がいます。クリニックの医療レーザー脱毛では、これら医師や看護師が医療レーザーの照射を行うので、恥ずかしさもあまり感じないでしょう。

VIO脱毛するなら医療レーザー脱毛がオススメ!

VIO脱毛は、クリニックの医療レーザー脱毛が最もオススメです。

VIO脱毛で生理中のムレやニオイを軽減させたい場合、脱毛効果の高いクリニックの医療レーザー脱毛に通うのが一番オススメです。

脱毛サロンでは、VIO脱毛をしても永久脱毛することは出来ませんし、またIラインの粘膜部分の照射も出来ません。料金は安いですが回数や期間も非常に長く、また永久脱毛出来ないということでコスパは非常に悪いです。

長い目で見た脱毛効果と料金を考えると、脱毛サロンよりクリニックの医療レーザー脱毛が断然お得です。

脱毛サロンとクリニックの医療レーザー脱毛のコスパの違いについては、「コスパがいいのは医療レーザー脱毛?サロンとクリニックの永久脱毛料金の相場を比較!」でご紹介していますのでそちらをご覧下さい。

それにクリニックの医療レーザー脱毛であれば、1回の照射時間も短くて済みます。ビキニラインのVライン、女性器周辺のIライン、肛門周りのOラインそれぞれ約5分の照射時間で終わるので、全体では15~20分程度の照射で済みます。

またVIO脱毛はとてもデリケートな部位ですから、やけどや炎症を起こさせないように慎重に施術を行わなければなりません。クリニックであれば、清潔な院内で医師や看護師による確実で安全な施術を受けることが出来ます。

生理中のムレは、アンダーヘアの脱毛を行えばかなり軽減されます!VIO脱毛をする際は、脱毛効果が高い医療レーザー脱毛を選ぶようにしましょう!

脱毛以外に生理中のムレを軽減できる方法

amandazhang8508 / Pixabay

対策①タンポンを使う

タンポンと使うと、生理中のムレやニオイが減りやすくなります。

タンポンはナプキンと違って、肌にベタッと貼り付かない生理用品です。海外ではタンポンは主流ですが、日本ではまだナプキンが主流となっています。

タンポンを使うと、生理中のあの”ベタッ”とした不快感や、多めの経血が”ドロッ”と一気に出てきた時の「モレてないかな?」という不安感から解放されます。

タンポンだけだと量の多い日が心配だという方は、ショーツにオリモノ専用のパンティライナーをつけて、生理の経血を受け止められるようにすると安心です。

「タンポンは怖い」と、中にはタンポンを使うのに不安感を抱いている方もいますが、近年はタンポンも改良が大幅に進み、体に入れやすく出しやすいタンポンが販売されるようになっています。

タンポンもそんなに高額なものではありませんから、一度購入して使ってみて使用感を試すのもよいでしょう。

対策②こまめにふき取る、温水洗浄トイレを使う

生理中は、経血を丁寧にふき取るだけでもムレが解消されやすくなります。

トイレに行った時、ウェットティッシュなどで”ササッ”と経血をふき取るだけでも、だいぶムレが減ります。

生理中のムレやニオイは皮膚やアンダーヘアについた雑菌が原因で増加します。トイレに行ったら、アンダーヘアに付着した経血を丁寧にふき取って、新しいナプキンを装着するだけでもだいぶ雑菌が減少しますから、ニオイやムレが軽減されます。

またトイレに温水洗浄機能がついていれば、そちらも大いに活用しましょう。

生理中はアンダーヘアをキレイにしたり、汗や経血を拭きとったりするなどなるべく清潔な状態を維持することで、不快感も遠ざけることが出来ます。

対策③通気性の良い下着に変える

生理中は薄めのショーツや、コットン素材など通気性のよいショーツを身につけましょう。

生理用ショーツは横モレ防止や後ろモレ防止を目指しているため、素材自体も厚みがありますし、伸縮性をよくするためにナイロン製になっているもが多いです。

ナイロン製の生理用ショーツは機能的には良いのですが、通気性が悪く、これによってムレやすくなります。「下着を変えただけで、ムレってそんなに減るのかしら?」と思う方は、一度、コットン素材などのショーツを試してみてください。

タンポンと同様、そんなに高い商品ではありませんからお試ししやすいはずです。

VIO脱毛をした後の快適さまでは届きませんが、多少のムレは軽減されるでしょう。

ナプキンからタンポンに変える、洗浄トイレの使用、通気性の良い下着を身につけるなどを行うと、生理中のムレは軽減されやすくなります!!

まとめ

VIO脱毛をすると、生理中のムレが解消されやすくなります。

これはVIO脱毛をしたことでアンダーヘアの存在が無くなり、今までアンダーヘアにからみついていた経血が素直にナプキンに吸収されるようになるからです。

VIO脱毛はムレやニオイを気にせず生理の時もとても楽に過ごせますし、「もう自分で剃らなくてもイイ!」という自己処理からの開放感も味わうことが出来る脱毛です。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする