敏感肌でも医療脱毛は可能か?自己処理でチクチクする肌でもOK?

自己処理って本当に面倒。自己処理をすると肌がチクチクするし…自己処理をしなくて済む方法はないかしら?

だったらクリニックの医療レーザー脱毛がいいですよ。医療レーザー脱毛なら数回の処置でムダ毛が完全になくなる永久脱毛が可能です。

でも私は敏感肌だから、医療レーザー脱毛なんて無理じゃないかしら?

そんなことはありません。医療レーザー脱毛は、敏感肌の人にこそオススメしたい脱毛方法ですよ。

敏感肌の人は自己処理脱毛より医療レーザー脱毛!

少しの刺激でも皮膚がダメージを受けてしまう、敏感肌。敏感肌だから、医療レーザー脱毛はできないと勘違いしていませんか?

医療レーザー脱毛は医療機関で行う医療行為なので、敏感肌への対応もきちんとしてもらえますよ。負担の大きい自己処理を続けるよりも、医療レーザー脱毛をして自己処理のいらない肌になる方が、肌の負担も少なくてすみます。

この記事では、医療レーザー脱毛と敏感肌の関係についてご紹介します。

敏感肌の自己処理

敏感肌とは?

近年増えてきていると言われる敏感肌。敏感肌は、肌が刺激に弱い状態となってしまっている肌のことです。化粧品、紫外線、接触したりなどの外部刺激を受けると、肌が赤くなったり、チクチクしたり、かぶれたりなどの皮膚トラブルを起こしてしまうことも。

肌には外部の刺激から肌を守るバリア機能というものがあるのですが、敏感肌はバリア機能が低下してしまっているため、肌を刺激からしっかりと守ることができません。そのため、少しの刺激で皮膚トラブルを起こしてしまうことになります。

敏感肌になる原因には、アレルギーなどの体質的なもの、肌の栄養不足、間違ったスキンケア、乾燥、ストレスなどいろんなものが考えられます。敏感肌は皮膚トラブルを起こしやすいので、肌のケアには注意が必要ですね。

敏感肌の自己処理は肌の負担大

自己処理は、肌に負担が大きいと言われています。敏感肌だと、なおさら負担が大きくなってしまいますよ。

皮膚表面には角質があり、外部の刺激から肌を守っています。自己処理をするとこの角質を傷つけてしまうため、外部の刺激から肌をしっかりと守ることができなくなってしまうんです。

そのため自己処理後の肌はさらに刺激に弱い状態となり、赤くなったりチクチクしたりしてしまうことに。

角質には、皮膚の水分を保つ働きもあります。角質がなくなると皮膚の水分を保つことができなくなるため、皮膚の水分がどんどん失われ、肌が乾燥することになります。

肌が乾燥するとバリア機能も低下してしまうため、さらに敏感肌になってしまいます。
敏感肌だと、毛嚢炎、埋没毛、色素沈着などの皮膚トラブルも起こりやすくなってしまいます。

敏感肌の自己処理は慎重に行う必要がありますね。

敏感肌は刺激に弱い状態となっているため、自己処理は肌に大きな負担を与えてしまいますよ。

敏感肌は医療レーザー脱毛をオススメする理由

医療レーザー脱毛とは?

敏感肌の自己処理は負担が大きいと言われても、ムダ毛を生やしっぱなしにはできませんよね。そこでオススメしたいのが、医療機関で行われている医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応するレーザーを皮膚表面から照射して、レーザーの熱の力で毛根部分を破壊する方法です。皮膚にもメラニン色素という色素がありますが、皮膚には反応しないようになっているのでご安心ください。

医療レーザー脱毛の一番の魅力は、ムダ毛が減って生えてこなくなること。ムダ毛の減り具合には個人差があり、脱毛する部位や毛の状態によっても違いがあるのですが、脇であれば5回前後の施術で脱毛効果に満足する方が多いですよ。

パラパラと数本ムダ毛が残ることがありますが、元の状態に比べれば格段にお手入れが楽になります。しかも、数年たっても毛が増えることは少なく、ほぼ永久的に生えてこないと言われています。

医療レーザー脱毛をすることで、これから先のムダ毛処理がずっと楽になるのは嬉しいですね。

敏感肌が医療レーザー脱毛をするメリット

敏感肌が医療レーザー脱毛をする一番のメリットは、肌の負担を減らすことができるところ。医療レーザー脱毛をすると、ムダ毛の量がどんどん減っていきます。毛質も細くなっていくため、生えていても気にならない程度になりますよ。

そのため、自己処理の回数を減らすことができます。敏感肌にとって自己処理による肌の負担は大問題なので、自己処理の回数を減らすことができるのは嬉しいですね。

肌の負担が減ることで、肌の状態も良くなり、敏感肌を改善するのにも役立ってくれます。自己処理を気にしなくてすむことで、ストレスも減り、敏感肌にいい影響を与えてくれることも。

医療レーザー脱毛は脱毛のプロが行ってくれるため、肌に負担が少なくてすむように施術してくれます。施術中にスタッフと会話することもできるので、脱毛や敏感肌についての相談もできますよ。

敏感肌が医療レーザー脱毛をするデメリット

敏感肌にオススメな医療レーザー脱毛ですが、デメリットもあります。医療レーザーは皮膚へは反応しないように設定されていますが、どうしても皮膚も影響を受けてしまいます。

そのため医療レーザー脱毛を照射した後には、肌が赤くなったり、毛穴の部分がポコポコと腫れたり、少しひりひりしたりすることも。これは皮膚の正常な反応で、一日もすると治まることがほとんど。

肌の状態に関係なく起こる反応ですが、敏感肌だと通常よりも反応が強くなってしまうことも。でも、反応は時間とともに治まっていくのでご安心ください。もし治まらない場合には、クリニックで対応して治療してもらうことができますよ。

敏感肌だと脱毛後の皮膚反応が強く出てしまうことがあるので、脱毛は自己処理やサロン脱毛ではなく、医療機関で脱毛するのが安心です。

医療レーザー脱毛なら敏感肌にも対応できる

敏感肌に合わせた脱毛をしてもらえる

医療レーザーを照射する前には、必ずスタッフが肌の状態を確認します。そして、肌の状態に合わせてレーザーの出力などを調整し、肌への負担が少ないように脱毛を行ってくれます。

肌のダメージが大きくなりそうな時には、脱毛を延期するなどの対応をとることも。皮膚トラブルのある場合には、脱毛の前に治療を勧められることもありますよ。

なお、皮膚への刺激や痛みが少ないレーザー機器もありますので、「医療レーザー脱毛の痛みはどれくらい?痛みの程度を種類別・レーザー機器別で比較」の記事を参考に、クリニックを選んでみてください。

医療機関だから皮膚トラブルがあっても安心

医療機関で脱毛することのメリットは、トラブルへの対応力が高いというところ。もし皮膚トラブルが起こった場合でも、すぐに診察をして医師に診てもらうことができます。

必要であれば、塗り薬や飲み薬を処方してもらったり、治療をしたりしてもらうこともできますよ。他の皮膚科を受診して説明することを考えると、手間を省いて素早く正確に対応してもらうことができますね。

医療レーザー脱毛は医療機関で行うので、皮膚トラブルが起きた場合にもすぐに対応してもらうことができますよ。

まとめ

敏感肌は自己処理による肌の負担が大きいので、脱毛をして自己処理の回数を減らすことが大切です。医療レーザー脱毛なら、自己処理がいらないくらいの肌になることができますよ。

敏感肌が脱毛をすると、脱毛後の皮膚反応が強く出てしまうことがあるので、皮膚トラブルにも強い医療機関での脱毛をオススメします。

医療機関で脱毛すれば、皮膚トラブルが起きてしまった場合でも、すぐに診察・治療をしてもらうことができるので安心ですよ。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする