【医療脱毛の処置後に赤みが!】レーザー脱毛で炎症を起こす原因と対処法

クリニックの医療レーザー脱毛で、炎症を起こすことがあると聞きました。このような場合どうすればいいのでしょうか?

そうですね、ヒリヒリ感があったりほてりが残っているようでしたら、まずはよく冷やすことが大切です。その後、すぐにクリニックに電話するとよいでしょう。

そうなんですね。医療レーザー脱毛で炎症が起こるなんて知りませんでした。なぜ、炎症が起こることがあるのか教えて下さい。

分かりました。ではここでは、医療レーザー脱毛で炎症を起こしてしまう原因とその対処法などについてご紹介していきましょう。

医療レーザー脱毛で炎症が起こる大きな原因は「熱」?

クリニックで医療レーザー脱毛の施術を受けて、「あぁ、これで肌がキレイにツルツルになる!良かった!」と思っていたのに、翌日赤みやほてりなどの炎症が起きて、悲しい思いをする方もいるといいます。

医療レーザーで炎症を起こす原因は、医療レーザーの出力が高すぎたこなどがあげられます。ここでは、医療レーザーで炎症が起きてしまう原因や、その対処法などについてご紹介していきましょう!

医療レーザー脱毛で炎症が起こる3つの原因

StockSnap / Pixabay

まずは、医療レーザー脱毛をすると”なぜ炎症を起こすことがあるのか”、原因をみていきましょう。

①「熱」による炎症

医療レーザー脱毛で赤みやほてりなどの炎症を起こしてしまう主な原因は、「熱」です。

医療レーザー脱毛はムダ毛が持つ黒いメラニン色素に高熱を浴びせて、その毛根にあるムダ毛再生組織を次々に破壊していく行為です、これを延々と繰り返して、脱毛を成立ていくわけです。

医療レーザー脱毛が医療レーザーから出される高熱を利用している脱毛方法である以上、赤みやほてりなどの炎症は起こりやすくなるのは当然のことで、炎症は実は誰にでも起こっていることなのです。その炎症の出方が、人によって大きく出るか小さく出るか、の違いだけです。

医療レーザー脱毛をしたら、炎症は起こるものだとあらかじめ知っておきましょう。

また医療レーザーには照射出力を調整するツマミや照射範囲を変えることのできるアタッチメントなどがついていますが、施術を行う医師や看護師スタッフが経験不足で、施術行為に対してこれらの器具を扱いきれないような未熟者であると、施術後に熱による炎症が大きく出てしまう確率はグッと上がります。

肌はデコボコしたところや皮膚が薄くなめらかなところ、引っ張れば伸びるところなど、様々な形状をしています。医療レーザーの操作の仕方ややり方なども、脱毛効果には大きく意味を持つものなのです。

そしてスタッフが未熟だと当然のことながら、施術中も痛みを伴うことも多くなりますし、脱毛効果も下がります。痛みについては、「永久脱毛ってホントは痛い?脱毛後のケアは?後処理は必要?」でもご紹介していますので、そちらをご覧ください。

医療レーザーによる永久脱毛をするためには、ある程度の照射出力を維持しなければなりません。

その上で、重症になるほどの炎症を回避して施術をしていく必要があります。高い照射出力を維持しつつ、炎症を抑えた施術が行えるのは経験を積んでいるスタッフしかできない所業です。

クリニック選びの際には、経験豊富なスタッフを要しているクリニックを選ぶことも大切です。

②アフターケアが足りなかった

医療レーザーで炎症を起こしてしまう原因には、アフターケアの不足も考えられます。医療レーザー脱毛をするとほとんどの方は、1~3日くらいは、肌のほてりや赤みが続きます。医療レーザーを使ったのですから、これが当たり前だと思ってください。

アフターケアというのは、クリニックが医療レーザー脱毛後に、患者さんに施す「冷却ケア」のことです。医療レーザーの熱の刺激を受けた肌は、多少なりとも熱を帯びています。

50~80度前後だといわれる医療レーザーの熱を一瞬ずつですが、連続して浴び続けるわけですから、熱が皮膚の中に閉じこもって熱くなってしまうのも当然です。

この時「冷却ケア」をしっかり行っていれば、脱毛後の炎症は最小限に抑えることが可能です。冷却ケアは、冷たいタオルを患部にあてる、タオルにくるんだ保冷材をあてる、冷却用の冷たいジェルを塗る、鎮静剤を塗る、などクリニックによって様々な方法があります。

施術後にこれら冷却ケアが十分に行われずに不十分であると、毛根内に残っている熱が長い時間閉じこもったままになるので、赤みやほてりなどの炎症が発生しやすくなります。

ですから、医療レーザーを照射すると、肌が日焼けを起こしたような状態になり、ヒリヒリ感やつっぱり感、ひきつられ感などの違和感を感じることは誰にでもあることで、「昨日医療レーザー脱毛の施術を受けたら、ヒリヒリしてむちゃくちゃ痛い!これって、やけど?どうしよう!」と焦ることはありません。

医療レーザー脱毛後に多少の赤みやほてりなどの炎症が残っていても、3日くらいは様子をみましょう。3日もしくは1週間ほど経っても炎症が続くようであれば、今度は本格的なやけどの症状を引き起こしているかもしれないので医師に相談します。

関連記事クリニックの医療レーザーの永久脱毛で副作用は?肌トラブルが起きたらどうすればいい?

関連記事医療レーザーで永久脱毛した後のアフターケア方法4つ

③脱毛前日までに日焼けダメージを受けていた

医療レーザー脱毛で延焼が起こる原因としては「脱毛前日に日焼けをしていた」ということも考えられます。脱毛の前日までに日焼けをしていると、紫外線の影響で肌はカサカサ・ボロボロになっています。

そのまま医療レーザーを照射してしまうと、肌に赤みやほてりが大幅に残ってしまうということは、誰にでも想像できることです。

ふつうでも海などに行って日焼けをして帰ってきたら、クーリングジェルや冷却ローションなどを肌に塗って、ケアを行う方も多いはずです。日焼けというのは、それだけ肌に与えるダメージが大きいのです。

脱毛前日に強い日焼けをした場合、クリニックによっては施術を1回パスすることもあります。それだけクリニック側も、日焼けには敏感になっているということでしょう。

日焼けによって施術をパスされると、毛周期に合わせた永久脱毛の施術は望めなくなってきます。

脱毛はムダ毛の生え変わる毛周期に合わせて施術を行っていくことで、高い脱毛効果を得ることができますが、毛のサイクに合わせた施術ができないでいるとその効果は得られません。

医療レーザー脱毛は高い照射出力と毛周期に沿った施術を行っていくことで、すくない回数で永久脱毛を完了させることができます。

日焼けによって施術がパスされて、毛の周期に合わせた施術が難しくなると、脱毛回数も増える可能性もありますし、脱毛官僚までの期間も延びることになります。

関連記事永久脱毛の回数の目安は何回?効果が見えるのは何回目から?

医療レーザーで炎症が起きてしまう原因は「照射出力が強すぎた」「アフターケア不足」「日焼けしていた」などが主な原因です!

炎症を起こしたらどうすればいい?脱毛後に効果的な3つの対処法

StockSnap / Pixabay

ここからは、医療レーザー脱毛で炎症が起こってしまった際に行うとよいオススメの対処法を3つご紹介していきます。

①クリニックで適切な処置・治療を受ける

医療レーザー脱毛で炎症を起こして3日以上経過した場合は、クリニックに電話して医師による処置や治療をすぐに受けるようにします。

まずは「○月○日の施術を受けて、赤みやほてりが続いています。どうしたらいいですか?」と、クリニックに相談する段取りを取りましょう。

クリニック側も”すぐに処置や治療を始めたほうが適切なのかどうか、もうしばらく様子をみたほうがいいのか”を、判断するために色々と質問をしてきます。

症状の具合によって、またはクリニックの方針によって、「1週間程度そのまま様子を見ましょう。まだ痛む場合は医師に診てもらってお薬の処方などを行います。

薬の処方には医師の診察が必要になりますので診察予約を取りますから、また電話してください」などと判断される場合もあります。

炎症が発生してから1週間以上経っても赤みやほてりが取れない炎症の場合は、本格的にやけどをしている可能性もあります。すべてクリニック側が見極めてくれます。自己判断はせず、クリニックの指示に従いましょう。

関連記事クリニックで永久脱毛するメリット6つとデメリット2つ

②十分な冷却・充実したスキンケアを行う

医療レーザー脱毛で炎症を起こしてしまった場合、十分な冷却ケアと丁寧なスキンケアを行うことで、炎症を早く鎮めることができるようになります。

医療レーザーで肌が炎症を起こしているということは、肌は軽いやけどを起こしている状態になっています。軽いやけどには、「冷やす」という冷却行為が大切です。タオルに巻いた保冷材を患部に当てる、洗面器にためた冷水に患部を沈める、などの冷却行動を取りましょう。

そしてしっかりと冷やしたら、今度は丁寧な肌ケアを実践します。高価な美容液などを使う必要はありません。いつも使っているボディケア商品やスキンケアシリーズをたっぷり使って、肌に潤いを与えていきましょう。

顔脱毛でしたら、ローションや化粧水で肌の角質層にたくさんの水分を与え、乳液やクリームを使って油分でしっかりとフタをするような感覚でケアを行うと肌に水分をたっぷりと閉じ込めることができます。

クリニックでも医療レーザー脱毛の施術後、アフターケアの一環として「肌の冷却」にとても時間を割いていて、丁寧に行うところが多いです。

しかしそれだけでは不足していたから、炎症がひどくなったり長引くようなことも起こるのでしょう。自宅でも、自分でできる冷却ケアと、充実したスキンケアを行っていきましょう。

関連記事永久脱毛ってホントは痛い?脱毛後のケアは?後処理は必要?

③紫外線を浴びないように注意する

医療レーザー脱毛で炎症を起こしてしまった場合、紫外線を浴びないことも重要です。肌の赤みやほてりなどの炎症が起きている時に外出して、紫外線をたくさん浴びてしまうことは、肌に対してとても大きな負荷を与えてしまうことになるので危険です。

やけどに発展したり、肌にじんましんが大量に出たり、我慢しきれないほどのかゆみが襲ってくることも考えられます。長袖シャツやパンツスタイル、日傘などを駆使して医療レーザー脱毛後に紫外線の影響を受けないようにしましょう。

顔脱毛後などであれば施術が終わった当日は化粧もできないので、紫外線予防と恥ずかしさ防止を兼ねて大きめのマスク、サングラス、帽子などを持参して施術を受けることをオススメします。

関連記事初めて永久脱毛する前に準備しておくべき10個のポイント

関連記事クリニックで永久脱毛したのに毛がまた生えてきた!?どうすればいい?

炎症が治まらない場合は医師の診断を受けましょう。また自宅では、スキンケアと紫外線予防に努めましょう!

医療レーザー脱毛が原因で起こるその他の副作用について

tookapic / Pixabay
医療レーザー脱毛が原因で起こる副作用には、赤みやかゆみ以外の炎症もあります。ここからは赤みやかゆみ以外に起こることのある炎症について、その原因と解消法まで含めてご紹介していきます。

副作用その①「毛嚢炎・ブツブツ」

医療レーザー脱毛をすると、脱毛後に肌がブツブツしてくる場合があります。これは、「毛嚢炎(もうのうえん)」といって、見た目はニキビにとてもよく似た皮膚病です。

毛嚢炎は皮膚の上にある「黄色ブドウ球菌」という潜在菌が、脱毛後の毛穴に入り込んで炎症を発生させ、肌をブツブツにしてしまう皮膚疾患の一つで、肌のバリア機能が落ち込むとよく現れる症状だといわれています。

黄色ブドウ球菌は普段健康な肌の時には何も悪い影響は与えませんが、医療レーザーを照射することで一時的に肌がダメージを受けると、毛穴に入り込み炎症を引き起こすことがあるのです。

毛嚢炎は黄色ブドウ球菌が原因で起こるというこがハッキリと解明されていますので、医師に薬を処方してもらって治療を開始すればほぼ完治します。

関連記事永久脱毛した夜に肌がカユイ!翌朝ブツブツ!?気になる毛嚢炎とは

副作用その②「やけど・色素沈着」

医療レーザー脱毛をすると、やけどや色素沈着を引き起こす場合もあります。医療レーザーによるやけどや色素沈着は本当にまれですが、元々敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方、肌が弱い方などには起こりやすい症状です。

施術後1週間を過ぎても痛みやヒリヒリ管が引かず、「やけどかな?」と思ったら、すぐに医師に診てもらいましょう。

医療レーザーを使って肌を永久脱毛するということは、毛根に高熱を送り込む作業を繰り返すということです。それによって、ごく軽いやけどの症状を出してしまうのは当然のことで、軽度のやけどは怒っていて当たり前です。

要は施術後のアフターケアやビタミンC多めのバランスのとれた食事を食べるなどの生活面の工夫で、重いやけどや濃い色素沈着を出させないことが重要だということです。

やけぢゃやけど痕による色素沈着が起こるのも医療レーザーを使ったことによる、熱が原因です。

自宅でもしっかりとした冷却ケアと紫外線を防ぐ工夫などを生活に取り入れていけば、やけどの重傷化や色素沈着の予防や解消にもつなげることができます。

関連記事永久脱毛でやけどした?どうして?原因と解決法3つ&予防法3つ

副作用その③「増毛化・硬毛化」

医療レーザー脱毛をすると増毛化や硬毛化が進み、ムダ毛が増えたり硬くなったりすることがあるといわれています。

実際、1回目の施術を終えて2週間くらい経過したあたりから、次の施術まで「あれ?なんかムダ毛が生えてる?」「最近、ムダ毛が太くなってきた気がする・・・」と感じてしまう方はいるようです。

これは一時的に、うぶ毛が太いムダ毛に変化したり、硬くなったり太くなったりしているだけですから安心しましょう。

増毛化や硬毛化が起きてしまう原因は、医療レーザーが照射されたことで肌が「体を守らなくちゃ!」と、無だけを増やしたりたくましくしたりするからだといわれています。

人間の体に生えている毛は、体の大事な機能を外部から守るために存在しています。頭に生えている髪の毛がまさにそうで、頭に毛を生やすことで脳ミソを守っています。

永久脱毛はそんなムダ毛をなくしてツルツルにするということですから、体が無意識に危機感を覚えるのも当然でしょう。

しかし増毛化や硬毛化が起こっても本当に、一時的なものです。施術を3回、4回と重ねていく過程で、その増えた毛も硬くなってしまった毛も見事に脱毛していくことができます。

関連記事クリニックの永久脱毛は剛毛や毛量が多くても大丈夫?効果や回数は?

関連記事ツルツルするのはいつ?サロンとクリニックの永久脱毛完了までの回数や期間の違い

医療レーザー脱毛後の毛嚢炎・ブツブツややけどの改善には保湿することが最良の方法です!また、増毛化や硬毛化も一時的なものなので安心しましょう!

まとめ

医療レーザー脱毛で炎症を起こしてしまった場合、「え!?これって医療ミス!?やだ、どうしよう!?」と、とても焦ってしまいがちです。

せっかく医療レーザー脱毛をしたのに、自分の肌が見るも無残な姿になってしまうのですからショックを受けることでしょう。しかし、まずはこれらの副作用は一時的なものだということをしっかりと理解しておきましょう。

施術後3日間程度は、施術した方のほとんどの肌に赤みやほてりは残るものです。また逆にこの赤みやほてりなどの副作用がなければ、医療レーザーによる永久脱毛は成功しないといっても過言ではないでしょう。

肌の赤みやほてりは、医療レーザーの熱がムダ毛の毛根まで届いて毛根組織をしっかりと破壊させることができていますよ、という結果だからです。

もしも炎症が起こってしまったら、肌を冷却して、乾燥を防ぐたの毎日保湿ケアを行い、紫外線を予防するなどの対処法を取ります。

そして3日から1週間ほど経ってもなかなか改善が見られない時には、医師に相談して治療をしてもらうようにするとよいでしょう。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする