永久脱毛でやけどした?どうして?原因と解決法3つ&予防法3つ

先日、ネットで永久脱毛をした人の口コミを見ていたら、永久脱毛でやけどした人がいることを知りました。やけどすることはよくあるんですか?

あまりないですよ。それにそれは、やけどではなく一時的な炎症だと考えられます。現在は脱毛マシンの改良が大幅の進み、医療レーザーを照射しても本格的なやけどの症状を出すことは無いといわれていますよ。

そうなんですね、一時的な炎症なんですね、安心しました。では永久脱毛は安全で、やけどすることは無いということですね。

いえ100%ゼロとは言い切れませんね。ではここでは、永久脱毛後でなぜやけどすることがあるのか、その原因と解決法を詳しくご紹介していくことにしましょう。

永久脱毛でやけどする原因として医療レーザーが強すぎたり、スタッフの未熟さなどがあります!

医療レーザーで永久脱毛するという行為は、”熱を与えて毛根の再生組織を焼き切っていく”という行為です。ですから皮膚が、ごくごく軽いやけどの状態になってしまうのは大前提ということになるでしょう。

現在は医療技術の進化により、医療レーザーで重度のやけどを引き起こすことはまずありません。しかし、まだ古い脱毛マシンを設置して使っていたり、操作が未熟なスタッフが施術した場合、脱毛中に日焼けをしてしまったなど、医療レーザーでやけどを起こしてしまう原因がいくつか重なってしまうと、やけどの症状が出る場合もあります。

ここでは、永久脱毛でやけどをしてしまった場合の、原因や解決方法などをご紹介していきましょう。

永久脱毛でやけどする原因3つ

StockSnap / Pixabay
まずは、永久脱毛でやけどをしてしまう原因を3つご紹介していきます。

① 医療レーザーの照射出力が高すぎた場合

永久脱毛でやけどしてしまう原因として、”医療レーザーの照射出力が高すぎた”ことが考えられます。

医療レーザーによる永久脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に熱を与え毛根組織を破壊していきムダ毛を再生させなくする原理を用いているため、どうしても毛穴の中に一瞬、高熱を送り込むことになります。

毛根まで届いた熱エネルギーは非常に高温のため、施術後は毛穴周囲や毛穴の中の中の毛根組織は軽度のやけどをしてしまっているのと同じ状態になります。そうするとごく自然に、肌に赤みや炎症が現れてくるということになります。ですから赤みやほてりなどの症状は、医療レーザーがきちんど届いてムダ毛の組織が破壊されているという証でもあるのです。

ですが医療レーザーを照射する時の出力ジュール数(照射出力のパワー数値)が、あまりに高すぎると、肌が軽度のやけどにとどまらず、中度以上のやけどの状態になってしまうことがまれにですが起こるといいます。

高すぎる照射出力を招いてしまうのは、「ジュール数が低いと永久脱毛の効果が出にくくなる」というクリニック側の思いと、「永久脱毛は痛いのが当たり前だから、我慢しなくちゃ!」と、医療レーザーが照射されるときの痛みを大きく我慢してしまう、施術を受けるこちら側の原因が重なってしまうからです。

確かに医療レーザーのジュール数値を下げれば熱エネルギーが低くなり、毛穴に届いて残る熱も少なくなりますので、やけどになることはないでしょう。しかし、毛根が熱エネルギーを受ける度合いも小さくなってしまうため、脱毛の効果が下がってしまいます。

ムダ毛を永久脱毛するためにある程度のジュール数は必要になり、それによって医療レーザーを強くするわけですが、ここでやけどを起こす可能性が高まってしまうということです。

関連記事クリニックで永久脱毛するメリット6つとデメリット2つ

② 施術スタッフの操作スキルが未熟な場合

永久脱毛でやけどをしてしまう原因として、”医療レーザーを取り扱うクリニックのスタッフが未熟であった場合”も考えられます。

クリニックで永久脱毛をするということは、医師や看護師に施術をしてもらうということです。ですが、この医師や看護師が医療レーザーを使い慣れていなかったり、医療レーザーの性質を熟知していなかったりすると、やけどの症状を引き起こしてしまうことがあります。

人間の体は、皮膚の薄いところ、皮膚に厚みがあるところ、毛穴が広いところ、毛穴が小さいところ、皮膚がデコボコしているところ、もともと色素沈着が強い部分など様々な部分にムダ毛が生えています。医師や看護師たちスタッフは、医療レーザーをただ単に皮膚に当てているだけではいけないのです。

スタッフの医療レーザーを取り扱うスキル次第でここで問題にしている、やけどの症状を引き起こしたりしますし、痛みも発生させやすくもなります、そして最終的にはもちろん脱毛効果を下げることにもつながります。

脱毛したその方にとって、「やけどをさせず、なおかつ高い脱毛効果を出せるジュール数」を導きだせるのは、経験からくるものも多いのです。そしてまたやけどをさせないようにするには、医療レーザーの使い分けも大切です。施術中に2台以上の脱毛マシンを使い分ける、照射口の大きさを変える「アタッチメント」なども豊富なサイズの中からその施術部位に合う最適なものを見つけて施術できる、細やかな施術ができるスタッフならば、肌トラブルも少ないでしょう。

このような医療レーザーの取り扱い方をしている熟練のスタッフの手によって、永久脱毛の施術が展開されていれば、やけどの症状を回避しながら高い脱毛効果を手に入れることができるでしょう。

関連記事クリニックの永久脱毛を受けた人が「痛い」というのはホント?どれくらい痛いの?

③ 施術後のアフターケアが不足していた場合

永久脱毛でやけどする原因として、”施術後のアフターケアが足りなかった”、ということも考えられます。

一般的にクリニックでは必ず、施術後にアフターケアという肌のほてりや赤みを鎮静化させる作業を行います。先ほども言いましたが、医療レーザーを照射した毛穴の中の毛根は熱をもっていて、そのムダ毛が無数にあるわけですから、赤みやほてりなどの痛みが残っているのは当たり前のことです。

これをごく軽度のやけどと呼ぶならば、「しっかりと冷やす」というアフターケアを行うのは当たり前のことです。大体どこのクリニックでも、鎮静剤入りの炎症止めのクリームを塗り、肌を冷やす作業を行います。冷却方法はクリニックによって違いますが、冷却ジェルを塗布したり、冷たいタオルなどを幹部にのせて冷やしたりします。いずれも15~20分くらいはこの一連のアフターケアで、医療レーザーによって軽くやけどの症状を出している皮膚をクールダウンさせて、いつものキレイな肌を取り戻すサポートをしていきます。

アフターケアの時に冷やし方が足りず肌の熱が取り去られていないと、やけどの症状がそのまま残るということになり、自宅に戻ってからもヒリヒリ感やほてりが強く残って「あれ、これってやけど?」と感じてしまうのです。

関連記事永久脱毛ってホントは痛い?脱毛後のケアは?後処理は必要?

永久脱毛でやけどする原因は、施術中の照射出力が高すぎたりスタッフのスキル不足、アフターケアが不十分であったことなどが考えられます!

永久脱毛でやけどした場合の解消法3つ

StockSnap / Pixabay
永久脱毛をして3日ほど過ぎても肌のほてりや赤みが引かない時は、中程度以上のやけども考えられます。ここでは、やけどの症状がでた場合の解消法を3つご紹介していきます。

① すぐに医師の診察を受ける

永久脱毛で「やけどしたかも!?」と感じた方は、すぐにクリニックに電話して診察予約を取り、医師の診察を受けましょう。

3日以内に引くようなやけどやほてりなどは、肌の新陳代謝による自己治癒能力で完治することができます。しかし3日以上経っても赤みややけどの症状が引かないなら、なるべく早い段階で医師の診断を受けてすぐに治療を開始することが重要です。

やけどは早めに処置をすることでその後の治療が早く終わったり、やけど痕が残らなくなるなど、治るまでの時間ややけど痕に対して大きく影響を与えます。もしも水ぶくれができてしまっても潰さずに、医師の診断を受け指示を待ちましょう。すると2週間以内には完治することが目指せるでしょう。

関連記事クリニックの医療レーザーの永久脱毛で副作用は?肌トラブルが起きたらどうすればいい?

② 患部をよく冷やす

永久脱毛をしてやけどをした場合、患部をよく冷やすことも大切です。「明日クリニックへ行って、病院の先生に診てもらおう。でも、今日はどうすればいいの?」と思った方もいるでしょう。この場合、とにかく患部を「よく冷やす」ことが大切です。

冷やす方法は2つあります。水道水を患部に「ジャーっ」と流してやけどを冷やす場合と、保冷材を使ってやけど部分を冷やす方法です。

患部を水道水で冷やす場合は、あまり水道水の勢いを強くせずゆっくりと当てるようにします。患部に直接勢いのある水を当てることは、やけどをしているダメージを受けた肌にさらにダメージを与えることになります。タライや洗面器に水を入れて冷やす場合は、水を入れ、少しの氷を入れてそこに患部を入れ込むようにするとよいでしょう。

保冷材を使う場合は、保冷材をタオルでくるんでから患部に当てます。直接当ててしまうと、保冷材が冷たすぎて凍傷になってしまうことも考えられるからです。水道水も保冷材も、ほてりが取れるまで30分以上は使うようにします。ほてりが落ち着いたら外し、その後も赤みやほてりが再発するようであれば、また上記の冷却作業を行ってなるべく早めに医師に相談するようにしましょう。

関連記事永久脱毛した夜に肌がカユイ!翌朝ブツブツ!?気になる毛嚢炎とは

③ やけど痕を残さないためのケアをする

永久脱毛でやけどした場合、やけど痕を残さないためのケアもとても大切です。やけどの傷や痛みは、医師によって処方された薬を使い、時間を置くことで完治に向かいます。しかし、やけどの痕というのは、なかなかキレイに治すのは難しいといわれています。ですからやけどを起こして最も怖いのは、やけどの跡が残ってしまうことなのです。

やけどの跡を残さないようにするためには、まず第一にやけどの症状が出ているところに紫外線を当てないようにすることです。紫外線が当たってしまうと、色素沈着を起こしてやけど痕が黒くなり、傷跡が残りやすくなります。日焼けしないように長袖やパンツスタイルで過ごし、日傘や帽子などを使って紫外線を予防しましょう。

次にビタミンCの摂取も行うと効果的です。ビタミンCはメラニン生成を抑える作用があるといわれています。ビタミンCは過剰摂取しても尿と一緒に出ていくので、過剰症になる心配もありません。食事でビタミンCを取りつつ、サプリメントなどでも摂取していきましょう。

永久脱毛でやけどしてしまった時は患部をよく冷やし、医師の診察をすぐに受けましょう。処置が早ければ早いほど、やけど痕も残りにくくなります!

永久脱毛のやけどを未然に防ぐ予防法3つ

ptksgc / Pixabay
ここからは永久脱毛のやけどをなるべく起こさせないようにするために、日常からできるやけど予防法を3つご紹介していきます。

① 脱毛前日に日焼けをしない

永久脱毛の前日に日焼けをすると、やけどする確率が非常に高まってしまうので、施術前日の強い日焼けは絶対にしないようにしましょう。

強い日焼けをするとしばらくしてから皮膚がカサカサして、必ずむけてきます。これは日焼けによって、肌が軽いやけどを起こしてしまっている証拠です。日焼けでもやけどしてしまっているのに、翌日に医療レーザーを照射してしまうとどうなるでしょう?絶対に、やけどの症状を悪化させるでしょう。

ですから、施術前日の日焼けは絶対にしないようにしましょう。クリニックでも、厳しく「日焼け厳禁!」と言うところが多いですから守っていきましょう。

関連記事初めて永久脱毛する前に準備しておくべき10個のポイント

② 施術前日に飲酒をしない

永久脱毛でやけどを予防する方法として、脱毛前日にはアルコールの飲酒をしないようにするということもあげられます。

お酒を飲むと、体の血行が良くなって体が熱くなります。翌日の施術までにその体の熱さが抜ければ問題ないのですが、翌日に二日酔いで激しい頭痛が起こることもあるように、体内にはまだアルコール成分が残ってしまうことが多いです。アルコール成分が残っていると体にまだ熱がこもっていることがあり、永久脱毛したときにやけどの症状を出しやすくしてしまうと考えられます。

永久脱毛でやけどしないためには、体は平熱かもしくは平熱よりも低い体温が望ましいです。クリニックでは、施術前は体温を下げるための冷却ジェルを塗るところも多いです。クリニック側は、それだけ体温や熱に対して敏感になっているということです。施術前日に飲酒をして体温を上げず、体に熱をためこまないようにして施術当日を迎えましょう。

関連記事クリニックの永久脱毛ってどんなふうに施術するの?脱毛の手順や準備はどうすればいい?

③ 肌のコンディションを整えておく

永久脱毛のやけどを予防していくためには、脱毛期間中は肌のコンディションを整えておくことも大切です。特に肌が乾燥していると、角質層で水分が不足ぎみになります。角質層の水分が不足してくると、医療レーザーの熱をより多く感じ取ってしまい、やけどの症状を起こしやすくなるといわれています。

肌を乾燥させないようにローションやミルク、ボディオイルなどで保湿して、肌状態を良好に保つようにしていきましょう。肌状態が良ければ角質層に水分がたくさん保持されていますから、医療レーザーを照射したときの照射熱も熱く感じにくくなりますのでやけどの症状が出るのも抑えられます。

関連記事クリニックの永久脱毛ってどんなふうに施術するの?脱毛の手順や準備はどうすればいい?

永久脱毛でやけどの症状を回避するためには、施術前日に日焼けや飲酒をしないことが大切です!また、肌のコンディションを整えて施術を受けることでもやけど予防になります。

まとめ

永久脱毛をしてやけどをしてしまうのは、医療レーザーの照射出力が大きすぎた場合やスタッフの経験不足、またアフターケアで十分な冷却が出来ていなかった場合などが原因だといわれています。

永久脱毛後に施術部分がヒリヒリする場合、「ちょっと痛いけど、これくらい大丈夫でしょ」と自己判断はせず、患部を冷やして早めにクリニックへ行って医師の診断を仰ぐことがとても大切です。永久脱毛でやけどした場合の治療は、患部をよく冷やすこと、患部を清潔に保つこと、保湿すること、この3つが大切で、やけどは初期治療に取り掛かるのが早ければ早いほど、早く治りますから迅速な対応を心がけましょう。

永久脱毛のやけどは、普段の生活でも予防することができます。日焼けをせず、施術前日のアルコール飲酒を避けて、肌のコンディションを良くしておくことでやけどを起こしにくい肌作りをすることができます。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

コメントする