永久脱毛した夜に肌がカユイ!翌朝ブツブツ!?気になる毛嚢炎とは

「永久脱毛したら肌がものすごくかゆくなった!」と友人が言っていたのですが、永久脱毛したらかゆくなることが多いのでしょうか?

そんなことはありません。かゆみやブツブツは一部の方に起こる症状です。それにブツブツの毛嚢炎やかゆみは、正しいアフターケアを行っていけば大抵2~3日で引いていきますよ。

そうなんですね。毛嚢炎のことはよく知らないので気になります。詳しく教えてもらえますか。

分かりました。ではここでは永久脱毛後のかゆみやブツブツが起きる原因、また解消法なども合わせてご紹介していきましょう。

ブツブツやかゆみが出るのは医療レーザーがしっかりと効いているという証拠で、正常な反応です!

クリニックの医療レーザーで永久脱毛して、まれにですが肌がとてもかゆくなったり、赤いブツブツが出来てしまうことがあります。

しかし、かゆみもブツブツも、医療レーザーがきちんと毛根に届いているという証拠で”正常な反応”です。多くは2~3日ほど経過すれば、きれいに消えてなくなっていきますから心配しないようにしましょう。

とは言っても、「本当に消えるの?やっぱり心配だわ」という方もいるでしょう。ここでは、そんな方のために、永久脱毛をしたらなぜ肌がかゆくなることがあるのか、なぜブツブツができるのか、その解消法とともに詳しくご紹介していきます。また最後には、永久脱毛後に肌にかゆみやブツブツが出来た方の口コミを紹介してありますので、そちらも併せてご覧ください!

永久脱毛後のブツブツは毛嚢炎(もうのうえん)?

whitesession / Pixabay

赤いブツブツは毛嚢炎?

永久脱毛後に、施術を受けた部分に赤いブツブツができて、悪化すると「毛嚢炎」という皮膚病になってしまうことがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)とは毛包炎(もうほうえん)とも呼ばれる、毛穴に黄色ブドウ球菌が侵入してしまうことで起こる炎症で、見た目はニキビとよく似ています。黄色ブドウ球菌は通常、私たちの皮膚上に普段からくっついているとても小さな菌ですが、肌にダメージが出た時などは、皮膚内部に入り込んで炎症を引き起こすことがある菌です。

毛嚢炎はニキビと似ているため、よくニキビに間違われやすいのですが症状が出る原因が全く違います。毛嚢炎の原因は黄色ブドウ球菌で、ニキビの原因はアクネ菌の繁殖によるものです。毛嚢炎とニキビは本当によく似ているため、顔脱毛をした後などに「あ、ニキビが出来てる」と思っていても、それは実は毛嚢炎だったということも考えられますので気をつけましょう。

永久脱毛後に肌に赤いブツブツが浮き上がってきたら、すぐにクリニックに連絡をして医師に診察してもらいます。毛嚢炎の初期症状であれば、時間が経つごとに赤いブツブツは引いていきます。ですが重度の毛嚢炎である場合は、今度は抗生剤の軟膏を塗ったり、内服薬で治療を行っていかなければ症状の改善は難しくなりますので必ず医師に診てもらいましょう。。

われわれ人間は、インフルエンザのウィルスが体内へ侵入してくると高い熱を出します。人間というのはウィルスの侵入や刺激を受けると体が高熱など何らかのシグナルを出して、バイ菌やウィルスを追い出そうとするのです。この追い出す時に出る症状が医療レーザーの場合、赤いブツブツや赤みということになります。ブツブツや赤みは、医療レーザーでダメージを受けた肌が、肌を一生懸命に修復しようとしているのです。ですから、時間がある程度経過すれば”サーっ”と症状が引いていくことが多いです。

関連記事クリニックの医療レーザーの永久脱毛で副作用は?肌トラブルが起きたらどうすればいい?

黒いブツブツは埋没毛です

永久脱毛をしたら、医療レーザーを照射したところだけ黒いブツブツができることがあります。これは先程ご紹介した赤いブツブツの毛嚢炎とは異なり、ムダ毛のカスが毛穴に残ってしまったことで毛穴が黒く見えてしまう埋没毛です。皮膚病ではありません。

永久脱毛はムダ毛に熱を与えて、その熱を利用して毛母細胞を破壊してムダ毛を生えさせなくする仕組みになっています。埋没毛はこのムダ毛が抜け落ちていく時に、ムダ毛が上手に毛穴から排出されずにそのまま残ってしまい、黒いブツブツが肌表面に見えてしまう現象です。

よく自宅でカミソリやシェーバーで自己脱毛をしている方の肌に黒いブツブツが発生することがありますが、このブツブツも埋没毛です。

関連記事ムダ毛の自己処理は危険!?自宅での自己処理が危険な理由9つ

永久脱毛後にかゆいのは、肌が乾燥しているから

永久脱毛をした後に、肌がとてもかゆくなることがあります。肌がかゆくなってしまうのは、肌が乾燥しているためです。

永久脱毛は肌表面に50℃~80℃くらいの熱を一瞬一瞬与えるため、肌に熱がこもり角質層の水分を蒸発させてしまいます。肌が急激に水分を失っていくと角質層はどんどんはがれ落ち、まだ未成熟な角質層がむき出しになってしまうので、衣服の摩擦などちょっとした刺激に過敏に反応してしまうようになります。この過敏な反応が”かゆみ”です。

医療レーザーを照射後は、角質層のキメが乱れて肌のバリア機能がいつもより弱くなっていますので、ふだんはかゆくなくても施術後だけはどうしても”かゆくなる”という方が出てきます。

永久脱毛後の赤いブツブツはブドウ球菌が原因の毛嚢炎、黒いブツブツは埋没毛で、かゆみは乾燥によって引き起こされます!

ブツブツやかゆみの解消法

Pexels / Pixabay
ここからは、ブツブツや肌のかゆみの解消法をそれぞれご紹介します。

「赤いブツブツの毛嚢炎」の解消法

肌が赤いブツブツの毛嚢炎になってしまった場合、患部を清潔に保ち、軟膏などを塗り込みましょう。3日ほど経過すれば、症状は大分落ち着いてくるはずです。軟膏はクリニックの医師の診察してもらえば、処方してもらえます。もし、薬の処方がないクリニックでしたら、軽い毛嚢炎でしたら市販のオロナインH軟膏などを薄く塗ってもよいでしょう。オロナインには、クロルヘキシジングルコン酸塩酸という成分が入っています。

クロルヘキシジングルコン酸塩酸は、黄色ブドウ球菌をやっつけてくれる殺菌作用のある成分で、毛嚢炎発症の原因になる黄色ブドウ球菌に確実に効き目を出すといわれています。しかもこの成分は皮膚に対して低刺激性で、匂いも少ないのでとても使いやすいです。

クリニックで処方される軟膏などでも効果が出なかった場合は、先程も言いましたが抗生剤を使っての治療が主流となります。内からは抗生物質の内服薬、外からは抗生剤入りの軟膏クリームなどで治療していきます。

「黒いブツブツの埋没毛」の解消法

永久脱毛の黒いブツブツは、そのまま何もせず時間を置けば解消されていくはずです。永久脱毛の施術を3回、4回、5回と続けていけば、徐々に黒いブツブツである埋没毛はなくなっていきます。

「もっと早く黒いブツブルをなくしたい!」という方は、体の代謝機能を高めるとよいでしょう。体の代謝機能を高めると、肌のターンオーバーが促進され、毛穴から埋没毛が出てきやすくなるからです。毛穴から埋没毛が少しでも出てくれば、医療レーザーから照射された熱を吸収することができますので脱毛効果がバッチリ出ます。ですから、その埋没毛はしっかりと抜け落ちていきます。

体の代謝機能を高めるためには、なるべく規則正しい生活や栄養豊富でバランスの取れた食事などを摂るようにします。

「肌のかゆみ」の解消法

永久脱毛の肌のかゆみには、「保湿を十分に行う」という解消法が効きます。永久脱毛は肌の水分を奪っていくので、ローションで水分を与えて、クリームやミルク、オイルなどで保湿して水分を閉じ込めることが大切です。

クリニックでも施術後のアフターケアとして、独自のローションやアフターケアアイテムを塗布してもらえることが多いですが、自宅でもしっかりと保湿ケアを行うことで肌の乾燥から来るかゆみを近づけないようにすることができます。永久脱毛後のアフターケアについては、永久脱毛ってホントは痛い?脱毛後のケアは?後処理は必要?で詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。

また、保湿ケアを行うと、黒いブツブツの原因である埋没毛も解消されやすくなります。埋没毛は乾燥した肌表面の角質が邪魔で、毛が外に出てこれません。保湿を十分に行うことで肌が潤ってくれば、肌のターンオーバーが正常化されて、古い角質が取れやすくなるので毛穴に埋もれていたムダ毛も頭を出しやすくなります。

毛嚢炎は患部を清潔にして処方された軟膏をしっかりと塗ります!埋没毛や肌の乾燥によるかゆみは、は規則正しい生活や保湿で肌のターンオーバーを正常化させると改善されやすくなります!

永久脱毛後の「ブツブツ」や「かゆみ」で困った方の解消法を口コミで紹介!

VladBitte / Pixabay
ここからは、クリニックの医療レーザーで永久脱毛して「肌がかゆくなった!」「ブツブツができてしまった!」という方の症状と、解消法を口コミでご紹介していきます。

「レーザー脱毛2回目で、かゆくてブツブツ肌に!」

30代/医療事務/「腕脱毛」

私は腕脱毛をしていて、先日2回目の施術が終わって自宅に帰ってしばらくしてから、脱毛したところが物凄くかゆくなりました。本当は、かいてしまいたかったですが、痕に残るのが怖くてそのまま我慢していました。

それからシャワーを浴びて、寝る前に日課にしているヨガを10分くらいしてベッドの中に入ったら、今度は我慢できないくらいの強烈なかゆみに襲われました!夜中に我慢できなくなって電気を付けて施術したところを見てみると、毛穴がブツブツと盛り上がっていて全体的に赤くなっていました。

「うわ!」と、それを見た瞬間は、あまりにも気持ち悪い光景に思わず声を出してしまいました。その日の夜は、肌がメッチャ汚くなったことにショックを受けて眠れませんでした。

本当にこれで大丈夫なのかと、翌日クリニックの看護師さんに電話で状況を伝えると、「皆さん、よくそのような症状が出ますよ。もう、2~3日ほど様子を見てください。熱いシャワーと運動は肌が温まってかゆみが増しますから、ぬるめのシャワーにして運動は控えてくださいね」と言われました。

1回目の施術ではかゆみやブツブツなんか出なくて自宅でも普通に過ごせたのに、なんと2回目の施術でブツブツが出来て驚きましたが、脱毛する場所によっては、かゆみが出やすい部位もあるそうです。それからは、施術後には医療レーザーを当てたところは念入りに冷やすようにして、ヨガは一時中断しました。私は、3日くらいしたら全部の赤みが引いて、毛穴のブツブツも取れましたよ。

「永久脱毛したら脚がかゆくて仕方がなかった!

20代/アパレル関係/「脚脱毛」

私は生まれつき剛毛だったので、ずっとカミソリで自己脱毛を何年も続けていましたが、自己脱毛のやり過ぎか、ムダ毛が毛穴に埋もれてしまう埋没毛が多く目立ってきたので、永久脱毛することにしました。

初めて永久脱毛の施術を受けた後、数時間経ってから脚のスネの脱毛箇所がとてもかゆくて仕方がなくて、ホント困りました。カミソリで自己脱毛している時にムダ毛が生えかけの時などとてもかゆくて、寝ている間の知らない間に脚をかきむしってしまい、肌に痕が残ってものすごく肌を汚くしたことがあります。なので「かいちゃいけない!」と思って、歯をくいしばって我慢してました。

クリニックからは「施術後に塗ってください」と、炎症止めのクリームをもらっていたのでそれを塗ったのですが、かゆみはいっこうにひきませんでした。それから、やっぱりムショーにかゆくてクリニックに連絡しました。すると、「かゆい部分を冷やしてください。保冷材などをラップに包んで、それを患部に当てて冷やすと冷えやすいですよ」と、アドバイスをもらったので、その夜はそのようにして気がついたら寝ていました。

翌日は、かゆみがしっかり治まっていました!2回目の施術の時にまた看護師さんに詳しく聞いてみると、「かゆみは腕や脚など脱毛する部位によって出やすい部分がありますし、当日の体調などでも、いつもはかゆくないのにかゆくなることだってあるんですよ。ですが患部をよく冷やして、処方された鎮静剤クリームをしっかりと塗れば、だいたい1週間くらいで肌のかゆみは治まってきますよ」と教えてくれました。

私の場合、1回目がこのようなカンジだったので、2回目の施術からはスタッフさんも施術後に患部を冷やすクールダウン作業を丁寧に行ってもらえました。私も自宅で脱毛した場所を保冷材ラップで冷やすようにしました。なので、それ以降は施術部分がかゆくなることは全くなかったです。永久脱毛してキレイな肌をキープしていますよ。

「クリニックで医療レーザー脱毛したら腕がブツブツに!」

30代/販売業/「全身脱毛」

私は毛深いので全身脱毛したくて、クリニックに通いました。腕の脱毛をした次の日から尋常でないかゆみに襲われるようになりましたね。しかもカユイだけじゃなく、赤いブツブツが沢山出来ていました。

その前にすでに脱毛していたワキは全然かゆくなくて、ブツブツも出来なかったのに、その時は手首から二の腕の真ん中あたりまでびっしりとブツブツが出来てしまいました。すぐにクリニックに駆け込み、医師に診てもらったところ、毛嚢炎だと診断されました。ブツブツは赤くて、その周りは白っぽくなっていて、まるでニキビのようでした。

医師からは、毛嚢炎は一時的なものですからキレイに治りますよ。心配しなくても大丈夫です」と声をかけてもらい、軟膏クリームと飲み薬の内服薬をもらいました。

軟膏と内服の薬で、5日ほど経過した後ブツブツは完全に消えました。本当に、一時的なものでした。看護師さんからは、「施術後の肌を綺麗に保つためには肌を乾燥させないことも大切ですから、施術後は必ず保湿を十分に行ってください」と言われました。私の場合、肌が乾燥していたので、毛嚢炎にもなりやすかったのだということでした。

でも、クリニックで脱毛していたから本当に助かりました!かゆみも毛嚢炎もしっかり治療してもらえたので、よかったです。脱毛もキレイに完了して最終的に大満足です!

肌にかゆみや赤み、毛嚢炎が出来た場合は患部を冷やす、医師に相談するなど素早い処置が大切です!

まとめ

永久脱毛の施術後に肌にブツブツが出来たり、かゆみを感じたりするのは、医療レーザーを照射した後の正常な反応です。

医療レーザーは脱毛サロンで永久脱毛は無理!サロンとクリニックの脱毛効果の違いでもご紹介していますが、脱毛サロンのフラッシュ脱毛機よりも高い熱エネルギーを放出して脱毛効果を強力にしていくため、ブツブツや赤みかゆみが生まれやすくなります。

しかしこれは「永久脱毛に失敗した!?どうしよう!!」というわけではなく、”しっかりと医療レーザーが照射されてムダ毛が抜け落ちていきますよ”、という証です。時間を置いて、医師の診断の元治療と正しいアフターケアを続けていれば、毛嚢炎によるブツブツや赤みの痕など残りませんので安心しましょう。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする