脱毛クリニックは1回で全部脱毛できる?サロンと比べどっちが早い?

脱毛をしたいのですが、家の近くに脱毛クリニックや脱毛サロンがなくて…遠くまで通わないといけないので、なるべく少ない回数で脱毛できる方法はありますか?

少ない回数で脱毛を完了したいなら、脱毛クリニックの医療レーザー脱毛がオススメです。医療レーザー脱毛なら、光脱毛よりも早く脱毛を完了することができますよ。

どうして医療レーザー脱毛の方が早く完了するのかしら?どれくらい違いがあるの?

脱毛クリニックの方が早く完了する理由について、脱毛サロンと比較しながらご紹介します。少ない回数で済むので、通うのも楽ですよ。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも少ない回数で脱毛できる

脱毛をするには、複数回の通院が必要となってしまいます。近くに脱毛クリニックや脱毛サロンがない方は、通うだけでも大変。

できるだけ少ない通院回数で、脱毛を完了させたいですよね。特に全身脱毛をしようと思ったら、通う回数に注意が必要。

医療レーザー脱毛が、光脱毛よりも少ない施術回数で早く脱毛を完了できる理由についてご紹介します。

医療レーザー脱毛で全身脱毛をする場合

必要な施術回数

医療レーザー脱毛に必要な施術回数は、脇、腕、脚が5回前後で、顔、背中、ビキニラインが8回前後だと言われています。

ムダ毛の減り具合には個人差がありますが、だいたいこれくらいの回数で自己処理がほとんどいらないくらいになり、脱毛効果に満足するようです。脱毛クリニックによって機械の種類が違うこともありますが、脱毛効果にはあまり差がないようです。

医療レーザー脱毛で全身脱毛をしようと思うと、5~8回程度の施術回数が必要になりますよ。

医療レーザー脱毛のメカニズムと効果

医療レーザー脱毛は、レーザーの力でムダ毛が生えないようにする方法です。医療脱毛レーザーは、黒い色素に反応するようになっています。

そのためレーザーを照射すると、黒い毛にレーザーが吸収されます。吸収されたレーザーの熱は毛に溜めこまれて毛の周りに広がり、毛根近くにある毛乳頭を破壊します。

毛乳頭には毛を生やすために必要な栄養を、毛を生やす働きのある毛母細胞に運ぶ役割があります。その毛乳頭が破壊されると栄養が毛母細胞に届かなくなるため、栄養不足で毛が生えなくなりますよ。

医療レーザー脱毛で脱毛するには、毛乳頭を破壊することが肝心です。でも、1回施術しただけでは全ての毛乳頭を破壊することはできません。

毛には、毛がしっかりと生えて成長している成長期、成長が止まって抜けるまでの退行期、毛が抜けて生えていない休止期という3つの毛周期があります。

この中で、毛乳頭を破壊することができるのは成長期の毛だけ。退行期と休止期の毛にレーザーを照射しても、毛乳頭を破壊できないため毛がまた生えてきてしまいますよ。

毛は1本1本毛周期が違うため、全ての毛乳頭を破壊するためには複数回の施術が必要になります。施術は、毛周期に合わせて2~3カ月の期間を開けて照射していきます。

医療レーザー脱毛に通う回数と期間

医療レーザー脱毛で全身脱毛をしようと思うと、5~8回の施術を受ける必要があります。

脱毛クリニックにもよりますが、医療レーザー脱毛は1回の施術で全てのパーツを脱毛できることがほとんど。そのため、通院回数も5~8回となります。

2~3カ月の期間を開けて施術を受けるため、脱毛を完了するまでに10~24カ月の期間が必要となりますよ。

医療レーザー脱毛で全身脱毛をしようと思うと、5~8回の施術回数、10~24カ月の期間が必要になります。

光脱毛で全身脱毛をする場合

必要な施術回数

光脱毛に必要な施術回数は、脇、腕、脚が12回前後、顔、背中、ビキニラインが20回前後だと言われています。

同じ光脱毛でも脱毛サロンによって機械の種類が違うため、必要な脱毛回数に差でることもありますが、だいたいこれくらいの施術回数をこなすことで、自己処理が楽になることが多いようです。

同じ機械でも、個人によってムダ毛の減り具合には違いがありますよ。光脱毛で全身脱毛をしようと思うと12~20回程度の施術回数が必要になります。

光脱毛のメカニズムと効果

光脱毛は、光の力でムダ毛が生えないようにする方法です。医療レーザー脱毛はレーザー、光脱毛は光とエネルギーの種類は違いますが、脱毛の原理はほとんど同じ。

光脱毛は、黒い色素に反応する光を毛に照射します。毛に吸収された光は熱エネルギーとなって毛根周辺にダメージを与え、毛が生えてくるのを抑制します。

光脱毛の出力は医療レーザー脱毛程強くないため、毛乳頭を破壊することはできません。毛乳頭にダメージを与えて、毛を生えにくくする程度の脱毛効果となります。そのため、医療レーザー脱毛よりも多くの施術回数が必要となりますよ。

光脱毛も医療レーザー脱毛と同じように、成長期の毛にしか効果を発揮できません。そのため、毛周期に合わせて2~3カ月期間を開けて施術をすることに。

光脱毛に通う回数と期間

光脱毛で全身脱毛をしようと思うと、12回~20回の施術回数を受ける必要があります。

ここで注意しないといけないのが、光脱毛は全身を2つのパーツに分けて月別に脱毛する脱毛サロンが多いということ。

そのため、全身を1回脱毛するのに2回の通院が必要となってしまいます。光脱毛で全身脱毛をしようと思うと、24回~40回通院しないといけませんね。期間は、48カ月~120カ月間も通うことになりますよ。

光脱毛を検討する時には、全身のパーツを1回の施術でできるかどうか確認するようにしましょう。

光脱毛は脱毛効果が低いため、多くの施術回数が必要になります。1回の施術で全身を脱毛してもらえるかどうかで、通院回数が大きく違ってきますよ。

医療レーザー脱毛の方が少ない施術回数で済む

通う回数を少なくしたいなら医療レーザー脱毛がオススメ

医療レーザーで全身脱毛をする場合、必要な通院回数は5~8回。光脱毛で全身脱毛をする場合、12回~20回となります。

光脱毛だと全身を2つのパーツに分けて脱毛することも多いので、その場合は24回~40回も通院が必要になってしまいます。通院回数を少なくしたいなら、医療レーザー脱毛がオススメですよ。

通院回数が少なくて済む分、脱毛も早く完了することができます。

通院回数が少ないことのメリット

一番のメリットは、時間を節約できること。脱毛は予約制となっているので、脱毛をしようと思ったら通院するために予定を調整しないといけません。

脱毛はキャンセル料がかかることが多いので、慎重に予定を立てないと予定外の出費となることに。ビキニラインなどは生理に重なると施術できないところも多いので、通う回数が多くなることで生理に当たる確率も高くなってしまいますよ。

脱毛は、妊娠すると施術禁止となってしまいます。脱毛クリニックや脱毛サロンによっては、授乳中も禁止になってしまうことも。そのため、妊娠中・授乳中は脱毛をお休みすることになります。

少ない通院回数で早く脱毛できる方が、妊娠前に脱毛を完了できる可能性が高くなりますよ。

医療レーザー脱毛の方が、光脱毛よりも少ない通院回数で早く脱毛を完了することができます。通院回数が少ないと、いろんなメリットもありますよ。

まとめ

医療レーザー脱毛は、脱毛効果と施術システムの違いから、光脱毛よりも少ない通院回数で脱毛を完了することができます。

短い期間で脱毛を完了することもできるので、メリットもたくさんありますよ。少ない通院回数で早く脱毛を完了したいなら、断然医療レーザー脱毛がオススメです。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする