クリニックの永久脱毛を受けた人が「痛い」というのはホント?どれくらい痛いの?

噂で、永久脱毛は痛いと聞きましたが本当なんでしょうか?

痛みの感じ方は、部位や個人によって差が出ます。また脱毛機によっても痛みは大分変わってきますから、一概にすべての永久脱毛が痛いとは言えませんね。

そうなんですね。実際はどれくらいの痛みなのか知りたいのですが、分かりますか?

はい。ではここでは、クリニックの永久脱毛がどれくらいの痛みなのか、例をあげてご紹介していきましょう。

痛みには個人差があり、また部位によっても痛みの出方は変わります。ムダ毛が太いヒザ下や上部な毛が生えているVIOラインの永久脱毛は痛いと感じる方が多いです!

クリニックの永久脱毛では、痛みをすごく感じる方と、まったくと言っていいほど痛みを感じない方がいます。

また、これに加えて脱毛する部位によっても痛みを感じる度合いは変わってきます。太くて丈夫なムダ毛が生えている部位のヒザ下や腕、VラインやIラインなどは特に痛みをうったえる方が多いです。

ここでは、クリニックの永久脱毛は平均すると、”どれくらい痛いのか”その度合いを口コミを織り交ぜながら詳しくご紹介していきます。また最後には、痛みをより軽減するための方法も3つご紹介していきます。

クリニックの永久脱毛はどれくらい痛い?《部位別編》

StockSnap / Pixabay

ここからは、”クリニックでの永久脱毛はどれくらい痛いのか?”ということを、《部位別編》《毛質・肌質・脱毛機編》の2つのグループに分けて、それぞれ3つずつご紹介していきます。

① 顔の痛みについて

クリニックの医療レーザーはムダ毛の濃さや太さ、生えている部分によって痛みを感じる度合いが変わってきます。クリニックの医療レーザーで顔脱毛をした場合、まゆ毛と鼻下の部分は多少、痛みを感じる方がいるようです。

20代/通信系

顔脱毛5回コースに通いました。1回目の施術の時に、アゴに生えていたムダ毛を脱毛する時は一瞬だけ、ビリッという痛みが走りましたが2回目の施術以降は全く痛みを感じませんでした。

30代/経理

医療レーザーで顔脱毛してもらいましたが、最初にちょっと「痛いかな」と感じたぐらいでした。友人は、顔脱毛した時、結構痛かったらしいのですが、それでも我慢できないほどではなかったし、ヒリヒリ感も翌日にはキレイに取れていたそうです。私も施術後の痛みは、翌日にはなかったです。

医療レーザーを使って脱毛した時の痛みは、よく「輪ゴムでパチンパチンとはじかれたような痛み」と言われますが。輪ゴムが太いのか細いのかどれくらいの距離から引っ張られてはじかれたのかで、大きく痛みは変わってくるでしょう。

ということは医療レーザーで永久脱毛した時の痛みというのは、本当に個人差があるということです。そこのところを念頭に置いておきましょう。

一般的にクリニックの医療レーザーで永久脱毛した時の痛みは、まゆ毛と鼻下は「指で皮膚をギュッとつねった時のように、やや痛みを感じる」程度です。まゆ毛と鼻下以外はほとんどうぶ毛なので、痛みはそれほど感じないことが多いです。

顔脱毛は医療レーザー脱毛でも人気コースの一つですが、信頼のおけるクリニックならもっと痛みを取り去ってくれることでしょう。「どこで顔脱毛しようかな?」と悩んだ時は、医療レーザーでの痛みに対して真摯に向き合っているクリニックを選ぶようにしましょう。

関連記事大阪で「顔脱毛」するならどこがオススメ?主要クリニック5つの料金や口コミを徹底比較

関連記事顔脱毛で化粧ノリが良くなる?化粧崩れも防ぐ顔脱毛の9つのメリット

② 手足の痛みについて

クリニックの永久脱毛を受けた方が痛いと感じる部位は、手足だったという方も多いです。中でも痛みを感じるのは、ワキ・太ももやヒザ下のスネなどです。これは、ワキや太ももやヒザ下には太いムダ毛が無数に生えていますから、どうしても痛みを感じやすくなってしまうのです。

10代/学生

クリニックの医療レーザーでワキ脱毛しました。1回目の施術の時に、メチャメチャ痛いと感じました!でも頑張って我慢しました。「ワキは毛の一本一本が太いので痛いかもしれません」とスタッフさんに言われていましたが、本当に痛かったです。

20代/事務

ワキ脱毛しましたが、全然痛くなかったです。いつも毛抜きで抜いていたので、その時の痛みのほうがはるかに大きかったです。毛抜きで抜くときに痛みをこらえて抜いていましたが、医療レーザーは気持ちよいくらいでしたよ。

クリニックの永久脱毛の痛みの度合いとしては、「指で皮膚をこれでもか!とけっこう強くギュッとつねった時のような痛み」が走る場合が多いようです。しかしワキや手足などのように太いムダ毛があるところなどは、実は簡単に脱毛出来やすい部位なので、施術を受けるごとに痛みはどんどん感じなくなっていくことがほとんどです。

強く痛みを感じるのは1回目から2回目の施術くらいで、あとは脱毛回数が進むごとに痛みは遠ざかっていくものだと期待しておいてもよいでしょう。

関連記事大阪で「腕脱毛」するならどこ?オススメできる医療クリニックランキング

関連記事大阪で「脚脱毛」するならどこを選ぶべき?料金や口コミでオススメのクリニック5つ

③ VIOの痛みについて

クリニックの永久脱毛を受けた方がこぞって”痛い!”というのが、VIOラインの永久脱毛でしょう。特にVラインとIラインは半端なく痛くて、毎回涙をこらえながら施術を受けていたという方もいるようです。

30代/販売

全身脱毛コースにVIOラインの永久脱毛も入っていたので、永久脱毛してもらったけど、Iラインは冷や汗なのか脂汗なのかよく分からないような汗を、毎回タラタラ流しながらの施術でした。

20代/医療系

VIOラインの永久脱毛がこんなに痛いとは思ってもみなかったです。お金を払って、麻酔をしてから施術してもらいました。それ以後は、あまり痛くなくなったのでホッとしました。2回目の施術からずっと麻酔をしてもらっての施術で、6回目の脱毛完了するまではもう全然痛くなかったですよ。

VIO脱毛は他の部位と比べて、痛みを感じやすいということが分かります。しかしこれにも個人差が大きく関係しますので、もちろん「あまり痛みを感じなかったわ!」という方も中にはいます。

また先程の口コミで、麻酔代を支払って施術中の痛みを消してもらったという方がいましたが、レジーナクリニックのように麻酔代が無料のクリニックもありますので、クリニック選びの際にはそのようなポイントもチェックしておくとよいでしょう。

一般的な麻酔代の料金は、1回3000円や30分ごとに3000円などですが、5~6回の施術全てに麻酔を使うとなると結構な金額にハネ上がります。

これではどんなに安い料金のクリニックを選んでいても、最終的には脱毛にかける金額が大きく膨らんでしまうことは避けられません。麻酔代が無料のクリニックというのは、痛みに弱い方には特にオススメです。

関連記事大阪で「VIO脱毛」するならどこがオススメ?料金や口コミから徹底比較してオススメするクリニック5選

関連記事クリニックで永久脱毛するメリット6つとデメリット2つ

永久脱毛が痛いと感じるのは比較的に太くて濃いムダ毛が多く生えている、ワキ、ひざ下、VIOラインなどです!

クリニックの永久脱毛はどれくらい痛い?《毛質・肌質・脱毛機編》

Resolingaire / Pixabay

① ムダ毛が太くて濃い人はどれくらい痛い?

クリニックの永久脱毛を受けた方で、ムダ毛が太くて濃い方いわゆる剛毛の方も、施術時の痛みを感じやすいといわれています。

30代/商社勤務

私は両親が毛深いので、小さい頃から剛毛の毛質に悩んでいました。それで全身脱毛をしたのですが、腕と脚の施術中は、医療レーザーが当たったところは全部とにかく痛かったです。

「こんなに痛いの!?」とビックリするほどでしたが、ツルツルの肌に強く憧れていたので頑張って回数をこなしました。でも、最後5回目くらいは、もう医療レーザーが当たっても痛くなかったです。

20代/アパレル

友人が剛毛で、めちゃくちゃ痛かったよ!と言っていたので、とても痛くなるのを想像していたのですが、私の場合元々毛が薄い方だったので、そこまで痛みは感じなかったでね。

スネやVIOなど、太くて頑丈なムダ毛が集中している部位はやはり痛みを感じやすいようです。

これは、ムダ毛の中にあるメラニン色素を通して毛根まで熱を運び、毛乳頭などのムダ毛製造細胞を破壊していく今の医療レーザーの仕組みでは、メラニン色素が多い太いムダ毛には熱エネルギーが沢山蓄えられるので、伝わるエネルギーが高温になりやすくなります。

すると高温はとても刺激が多いですから、痛みを感じやすくなるという結果が生まれます。

ムダ毛が太くて立派である、医療レーザーの効果はとても高いものになりますが、メラニン色素が多い分、痛みを伴ってしまうということです。

② 皮下脂肪が薄い手の甲や指先はどれくらい痛い?

クリニックの永久脱毛をした方が”痛い!”という部位に、手の甲や足の甲、指先や足の指先などもあります。これは、皮下脂肪が薄く、すぐ下に骨があるため痛みを感じやすいのだといわれています。

20代/専門学校生

腕の脱毛をした時に、手の甲と指先もクリニックの永久脱毛をしてもらいました。手の甲に医療レーザーを照射されていると、”ビシッビシッ”という音がするぐらい、痛かったです。

脱毛する範囲がせまいので、長い時間我慢する必要がなくて助かりましたが、あの痛みは麻酔を使ってもらわないと長時間は無理だと思います。

30代/教育関係

足の甲と脚の指先、脚全体をクリニックで永久脱毛しました。足の甲はちょっと痛かったですが、指先はそんなにいt舞を感じることはなく、スムーズに脱毛が終わりましたよ。痛い方は、ホント痛いようですが。

医療レーザーを照射する時の皮膚は、ある程度皮下脂肪があったほうが痛みが少ないです。脂肪が痛みを吸収してくれる役割があるからです。皮下脂肪がほとんどないような状態の部位は、ムダ毛のすぐ下の骨を刺激しやすくなりますので必然的に”痛い!”と感じることが多くなります。

③痛みの多い脱毛機がある?

クリニックの永久脱毛が”痛い!”といわれるのには、施術を受けたクリニックが痛みを感じやすい脱毛マシンを使っているということも理由の一つに数えられるでしょう。

20代/福祉

ネットで、ワキの永久脱毛が一番安いところを探して、施術をしてもらいました。乾燥は「痛い」の一言でした・・・。

やっぱり、痛くない脱毛機があるなら多少料金が高くても、そっちを選んで通えばよかったと後悔しています。次は全身脱毛をしようと考えているので、別の脱毛マシンがあるところに行く予定です。

30代/サービス業

私が顔脱毛をした時に通ったクリニックの永久脱毛は、あまり痛くなかったです。

もともとネットでクリニック選びをしていた時にホームページを見ながら「よし、ここの脱毛マシンは痛くなさそう!麻酔も無料だし」ということで選んだので、その通りほとんど痛みを感じずに施術を受けられたので満足です。

顔脱毛だったので、痛みが出たら怖いですしね。

クリニックの永久脱毛では、太くて頑丈なムダ毛が集中している部分や、皮下脂肪の少ない手の甲や指先は痛みを感じやすいようです!また脱毛マシンによっても痛みの出方が異なってきます!

クリニックの永久脱毛の痛みを軽減する方法3つ

adamkontor / Pixabay
ここからは、クリニックの永久脱毛の痛みはどうやったら軽減されやすくなるのか、痛みを軽減させるための方法を3つあげてご紹介します。

① 麻酔を使う

クリニックの永久脱毛施術を受けている際に、痛みを我慢することに限界を感じたら”麻酔”の使用をオススメします。

20代/医療関係

私は痛みに弱いので、とにかく痛くない脱毛をしてもらえるクリニックを探して脱毛しました。

もちろん麻酔は最初から使う方向で施術をお願いしていたので、医療レーザーを照射する前に必ず麻酔クリームを塗ってから施術してもらっていました。_料金は高くなりましたが、麻酔を使えてよかったです。楽に永久脱毛することができました!

20代/ショップ店員

VIO脱毛をしていた時、さすがに痛みが大きく感じられて照射されるたびに「イタタタタ・・・」と言っていたら、クリニックのドクターが「麻酔を使いましょうか。

無料ですから」と言ってくれて、それから麻酔を使って施術をすすめてもらったら、痛みがものすごく軽くなりました!最初から使えばよかったな、と思いましたね。

クリニックで脱毛時に行う麻酔は、一般的な注射タイプや点滴タイプではなく、肌の表面に塗り込むクリームタイプの麻酔です。またクリニックによっては、亜酸化窒素ガスで構成された笑気ガスを使うところもあります。

クリームタイプの麻酔は肌表面の感覚を一時的に鈍くする麻酔で、5~6時間ほどしびれるような感覚が持続することが多いです。

笑気ガスタイプの麻酔は、これを口から吸いこみ、吸い込んでいる間だけ痛みを軽減する効果があります。口からの吸収をストップすると、すぐに麻酔は醒めます。

② アフターケアを丁寧に行う

クリニックの永久脱毛を受けた後は、アフターケアのお手入れをしっかりと行うことで、施術後のヒリヒリ感などの痛みを軽減することができます。

クリニックでも施術後はすぐに保湿ジェルを塗り込み、熱くなってしまった肌を冷ます時間を設けてありますし、また施術後に肌に対して鎮静作用のある薬を処方してくれるクリニックなどもあります。

30代/雑貨店店員

私が全身脱毛した時に、家で使う鎮静剤塗り薬を処方してもらっていました。あれがあったおかげで、赤みがとれたのが早くなって、ヒリヒリがすぐに治まりました!

20代/福祉系

クリニックの永久脱毛した後、わたしの通っていたところでは、ものすごく丁寧なアフターケアがありました。まるでエステサロンみたいだな、と感じるほどでしたよ。でも丁寧なお手入れのかいもあって、施術後の痛みはほとんどなかったように感じます。

施術中は麻酔を使って痛みを緩和し、アフターケアを丁寧にしっかりと行うことで、より痛みの軽減につなげることもできますし、また脱毛効果もあげていくことができます。脱毛後のケアのやり方一つで、脱毛効果は全然変わってくるといわれています。

永久脱毛の最中は肌が敏感になっていることが多いので、丁寧なケアを行うことは大切です。自宅に帰ってからも、「シャワー後にしっかりとクリームなどで保湿する」「日焼けしない」など、気をつけるべき点をしっかりと守って痛みの緩和を行っていきましょう。

③痛くない脱毛機で施術する

クリニックで永久脱毛する時に痛みの少ない脱毛マシンで施術してもらうと、医療レーザーを照射された際の痛みが大幅に軽減されるでしょう。

30代/保険業

私は痛くない脱毛機が置いてあるクリニックをネットで探して、そこで全身の永久脱毛してもらおうと考えていました。ネットで探したら、レジーナクリニックの脱毛機が痛くなさそうだったので、レジーナクリニックで全身脱毛しました!思っていた通り、あんまり痛くなかったですよ!

20代/経理事務

VIO脱毛に挑戦したくて、とにかく痛みの少ない脱毛機で施術してもらいたいと思っていたら、友人がレジーナクリニックのジェントルレーズプロは痛くない!と言っていたので消化ししてもらって、VIOを綺麗に脱毛してもらいました。

VIOなので、さすがに全く痛くないということはありませんでしたが、ちょっと痛いかな、ぐらいで収まったのでメッチャ痛いというほどではありませんでした!

脱毛機には様々な機械がありますが、主に3つのレーザーの種類に分けることができます。アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3つです。

この中で最も痛みが強い脱毛機はYAGレーザーで、次がアレキサンドライトレーザー、次にダイオードレーザーが痛いといわれています。

痛みの少ない脱毛機として有名なのは、レジーナクリニックで導入されている、アレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズプロ」やダイオードレーザーの「ソプラノアイスプラチナム」などがあります。

ジェントルレーズプロは、医療レーザー脱毛としては日本で初めてとなる「薬事承認」を得た”スーパー脱毛機”です。アレキサンドライトレーザーの照射直前に-26℃の寒剤を肌に吹き付けることで痛みを取り去り、肌を保護していきます。

レジーナクリニックでは大抵、1~4回目の施術はジェントルレーズプロを使用し、5回目や追加照射頃になるとソプラノアイスプラチナムを使って脱毛を完了させることが多いそうです。クリニックによっては、このような使い方をするところもあります。

関連記事ソプラノアイスプラチナムは痛みが少ないって本当?

痛みを少なくするためには麻酔を使用したり、痛くない脱毛マシンがあるクリニックを選んで施術してもらいましょう!また自宅では保湿を丁寧に行うなどすれば痛みをより軽減することが出来ます!

まとめ

クリニックの永久脱毛で気になるのは、「料金」と「痛み」でしょう。今回は”痛み”について詳しくご紹介してきましたが、永久脱毛の痛みには個人差が大きく出るということを知っておきましょう。

クリニックで永久脱毛を受けた方の全員が全員”痛い!」と感じるわけではありません。

中には、「ちょっとチクッとしたけどあとは意外に平気だった!」「すごい痛みを想像してたけど、全然感じなかった」「まあ痛いところは少しあるけど、これで永久脱毛効果が得られるなら全然OK!」など、”痛くない”と感じる方もたくさんいます。

現在は医療技術の進化で”痛くない脱毛機”で麻酔なども使って「痛くない施術」を叶えてくれるクリニックも増えています。そのようなクリニックで永久脱毛してみましょう。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする