初めて永久脱毛する前に準備しておくべき10個のポイント

永久脱毛したいと考えていますが、事前にやっておくべきことなどありますか?

そうですね、永久脱毛する前はシェービングをしておくことが大切です。あとは、日焼けを避けたりすることも大切ですね。

そうなんですね、知りませんでした。他にも永久脱毛する前にやっておくべき事があれば知りたいです。

分かりました。ではここでは、永久脱毛する前にやっておくと良いことを全部紹介していきましょう。

永久脱毛する前にやっておくことは「クリニックの予約」「ムダ毛の自己処理」「日焼けをしない」などがあります!

永久脱毛する前というのは、やっておくべき大切なことがいくつかあります。初めて永久脱毛する方は、「え?どんなことをするの?よく知らないわ」ということで、何から始めていいのか全く分からないという方もいらっしゃるでしょう。

永久脱毛する前は、自分の通いたいと思っているところに予約を入れたり、施術をしてもらいたい部位のムダ毛の事前処理も必要になってきます。また、施術前に強い日焼けをしないということも大変重要なことです。

ここでは、”永久脱毛する前にやっておくべきこと”を10個ピックアップして、それぞれ詳しくご紹介していきます。

永久脱毛する前にやるべきこと《脱毛前日編 その1》

arielestole / Pixabay

「シェービングをしてから行く」

クリニックでカウンセリングを行った時に、医師や看護師から説明されることが多いのですが、永久脱毛する前にやるべきこととして”永久脱毛の前夜に脱毛したい部位のシェービングをしてからクリニックに行く”というがものあります。

カウンセリングの予約方法などは、「クリニックで初めて永久脱毛するための予約方法と当日の準備はどうする?」で、詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。

長いままで伸び放題になって放置されたムダ毛に、医療レーザーを照射するとヒリヒリ感を感じることがあります。脱毛前にムダ毛をシェービングして長さを1~2ミリ程度と短くしておくことで、肌トラブルの回避率が上がり、高い脱毛効果も手に入れることが可能になります。

シェービングをするのは脱毛の当日ではなく、前夜に行うのが最適です。施術当日に肌にカミソリを当てたりするとムダ毛が短くなりすぎて高い脱毛効果は見込めませんし、自己脱毛は肌がダメージを受けやすい状態になるので肌トラブルが起きやすくなります。

医療レーザーを照射した時の肌トラブルが起こる確率を低くするためにも、施術前夜のシェービングが理想的です。

関連記事ムダ毛の自己処理は危険!?自宅での自己処理が危険な理由9つ

「肌の保湿ケアを十分にしておく」

永久脱毛する前にやっておくべきこととして、”肌のケアを十分にしておく”ということがあげられます。肌荒れが起きていたり肌が乾燥してガサガサの状態であると、医療レーザーの熱エネルギーに刺激を受けて施術後に赤身や炎症、やけどなどの肌トラブルを招きやすくなります。

永久脱毛する前に肌を健康な状態に整えておくことで、医療レーザーによる肌へのダメージを最小限に抑えることができます。化粧水やローションを使って角質層に水分を送り込んだ後は、必ず乳液やクリームなどを使って肌の潤いを逃がさないようにしましょう。

乳液やクリームをお手入れの最後に塗ることで、乳液やクリーム成分の油分が、水分を逃がさないフタの役割をします。これによって肌の中の水分を保持して肌のバリア機能を高める効果があります。

翌日に行われる永久脱毛の施術も、高い脱毛効果を期待することができるようになります。

肌が潤っていれば永久脱毛の施術時に医療レーザーを照射しても、炎症が起きにくくなりますから、肌トラブルを未然に防ぐことためにもはだの保湿ケアは十分にしておくべきでしょう。

「アルコールを飲まない」

永久脱毛する前にやっておくべきことに、”施術前夜はアルコールを飲まない”というものがあります。永久脱毛するために使われる医療レーザーは、熱エネルギーを毛根へ届けてダメージを与え、ムダ毛の再生細胞を破壊していくことで脱毛を行っていきますので、永久脱毛の施術後は体が温かくなります。

どこのクリニックでも、永久脱毛の施術後はすぐさま皮膚を冷やすために冷却ジェルを塗るなどのクールダウン作業を行うことでも分かるように、医療レーザーは肌表面を熱くしてしまう作用があるため、できれば体温は平温状態で受けたほうがいいです。

体温が高い状態で施術を受けると、肌トラブルを起こす確率も上昇してしまうからです。

アルコールの飲酒は体を温めます。施術前夜にアルコールを飲んでしまうと、翌日まで体の温かさが抜けないこともあります。施術前に体温が上がっている状態はあまり好ましくありませんので、前夜のアルコール飲酒や、同じく体温を上げやすいスポーツやマッサージ、エステなどは行わないようにします。

永久脱毛前日は、アルコール飲酒を避けて肌の保湿を十分に行い、シェービングを済ませておきます!

 永久脱毛する前にやるべきこと《脱毛前日編 その2》

StockSnap / Pixabay

「日焼けをしない」

永久脱毛する前に最もやっておいてほしいことといえば、”日焼けをしないでほしい!”ということです。

日焼けをすると皮膚上にはメラニン色素が大量に発生します。すると医療レーザーは、ムダ毛の中に存在するメラニン色素だけに反応せず、日焼けをしたことで生まれたメラニン色素にも反応してしまうので、医療レーザーの熱エネルギーが分散され脱毛効果が落ちるということになってしまうからです。

またクリニックでよく、「強い日焼けをしている方は、施術をお断りする場合があります」と言っているのは、日焼けをしたはdあは脱毛効果を低くしてしまうのと同時に、やけどをさせてしまうリスクなどが高まるからです。

現在はレジーナクリニックなどで導入されている「ソプラノアイスプラチナム」などの、日焼けをしていても脱毛できるマシンもあります。

しかし永久脱毛する前提として、”日焼けをしていない肌に医療レーザーを照射すると脱毛効果が高い”という事実がありますので、永久脱毛する前に日焼けをすることは絶対避けてほしいところです。

関連記事ソプラノアイスプラチナムは痛みが少ないって本当?

「普段使いの化粧品を使う」

永久脱毛する間ににやっておくべきことの一つとして、”いつも使っている化粧品を使いましょう”というのもあげられます。

永久脱毛する前夜にたまたま、いつもと違ったボディオイルを付けてしまったことから、「翌日に、肌がかぶれてしまった!」というケースも中にはあります。

これでは永久脱毛の施術は受けることができません。脱毛前日から脱毛期間中というのは、肌をいつも通りに健やかに保っておいてほしいので、普段から使っている普段使いの基礎化粧品やボディ商品を使いましょう。

「予防接種をしない」

永久脱毛する前に、”予防接種はしない”ようにしましょう。予防接種をすることで体調を崩す方や、体調に変化が現れる方もいるので、少なくとも永久脱毛する前の2週間くらいは予防接種は受けないようにします。

また風邪やその他の体調不良で「抗生物質や薬を肌に塗っていたり、服用している最中に永久脱毛の日が来てしまった!」という方は、施術前に医師や看護師の必ずそのことを伝えます。

体に支障がないのかどうか、安全かどうかを確認してから、永久脱毛の施術を受けましょう。でないと、せっかくの医療レーザーの脱毛効果が下がってしまう可能性があります。

永久脱毛する前日は強い日焼けを避け、いつも使っている化粧品を使いましょう!また、予防接種を受けたら2週間は間を置いてから施術を受けましょう!

永久脱毛する前にやるべきこと 《持って行くもの編》

holdosi / Pixabay

「マスク・帽子などを持って行く」

永久脱毛をする前にやっておくべきこととして、”マスクや帽子、サングラスなどを持参する”というものもあります。

永久脱毛の施術を受けた直後のお化粧は、あまりオススメできません。特に顔脱毛を行った方は、肌が敏感になっていますからメイクはせずに帰りましょう。

「そんなこと言っても、電車に乗って帰らなきゃいけないから恥ずかしいわ」とおっしゃる方のため、そんな時の救世主がマスクと帽子とサングラスです。

当日、顔の広範囲を隠すことができるこれらのアイテムをクリニック持っていくと、恥ずかしい思いをしながら帰宅するということもなくなります。

「愛用しているスキンケアを持って行く」

永久脱毛する前にやっておくべきことに、”愛用しているスキンケア商品を持って行く”ということも挙げられます。

永久脱毛は、少なからず肌表面に刺激を与えてしまうものです。クリニックに置いてある化粧水や乳液・ボディオイルやボディローションなどを使ってもよいのですが、万が一肌に悪影響を与えてしまって肌荒れしてしまった時のことなどを考えると、いつも自分が愛用しているスキンケアをクリニックに持って行って使うことをオススメします。

100円ショップで売っている、詰め替えできる旅行用の小瓶などに入れてカバンに入れておくとかさばりませんし、重くないですから持ち運びも楽です。

「クレンジングやふき取り用ティッシュを持って行く」

先程、永久脱毛する前は”日焼けは厳禁”だと述べましたが、それを受けてクリニックに足を運ぶ当日も日焼け止めを塗っていく方もいるでしょう。”クレンジング剤やウエットティッシュなどを持参しておく”ことで、日焼け止めをしっかりと落としてから永久脱毛の施術を受けることが出来ます。

永久脱毛前は、肌に余計な成分や付着物が一切ついていない状態が望ましいです。毛穴に日焼け止めクリームな皮脂などが詰まっていると、十分な脱毛効果を得られないことも考えられます。

また施術当日は、メイクをして行ってもよいクリニックがほとんどです。しかし、顔脱毛を行う前などは必ずお化粧を落としてから施術を受けるということになっていますので、やはりここでもクレンジング剤とティッシュが役立ちます。

クリニックにクレンジング剤は設置してあるものですが、やはり肌に合わないこともあります。自分が普段使っているクレンジング剤を持っていって、メイクを洗い流すことができれば肌トラブルに対する安心度は増すでしょう。

「顔用の携帯シェーバーを持って行く」

永久脱毛する当日にバッグの中に、ぜひ入れておいてほしいものが”携帯用の顔シェーバーです。永久脱毛の前日はシェービングしてからクリニックに行きますが、もしも剃り残しがあった際に役に立つのがこの携帯用の顔シェーバーです。

携帯用顔シェーバーがあると、「あ、ムダ毛の剃り残しがあった!」という時など、クリニックに到着してからサッと剃ることができるので非常に便利です。

脱毛前夜のシェービングを忘れたり、シェービングをしても剃り残しがあったりすると、永久脱毛の施術当日に看護師スタッフが剃ることになります。するとシェービング料金が発生し、帰り際にはこれを支払ってから帰るということになります。

シェービング代は1部位3000~5000程度が相場だといわますので、たった数本の剃り残しのために数千円も支払うのはかなりの損になりますので、携帯用のシェバーを持っている方はぜひ持って行くとよいでしょう。

ちなみに、シェービング代が無料というクリニックもありますので、その際はクリニックのスタッフにシェービングは全面的におまかせしましょう。

永久脱毛する当日は、顔を隠すことができるマスクや帽子、愛用のスキンケアやクレンジング剤を持参すると施術後に役立ちます!

まとめ

ここまでご紹介してきたように、永久脱毛する前にやっておくべきことは特別難しいことではありません。ですが、これらをやっておかなければ肌にトラブルが出てしまったり、施術に別料金がかかってしまうこともあります。

ですからここでごご紹介した「脱毛前夜のシェービング」「紫外線対策」「愛用化粧品の使用」「マスクや帽子、サングラスの持参」などの前準備は、しっかりと行ってからクリニックに行きましょう。

脱毛前のシェービングや保湿ケアをきちんと行っておくことで、医療レーザーによる肌への刺激を弱めることが出来ますし、また最高の脱毛効果が得られるようになります。肌が荒れた状態ではいつもの健康な肌より数倍も、ヤケドや肌トラブルの問題を抱え込みやすくなります。

クリニックに実際に通うとよく分かってくると思いますが、施術前の肌チェックは医師や看護師が丁寧に行っていくものです。これはひとえに、医師たちが「肌に日焼けや強い乾燥が見られると、施術を行った後で肌がトラブルを抱えてしまうことが多い」ということをよく知っているからです。

永久脱毛の施術をする前にやるべきことは、”永久脱毛を安全に行うための方法”でもあります。丁寧に行っておきましょう。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする