ニキビが多くても顔脱毛は出来る?顔にブツブツがある場合の顔脱毛の注意点

「顔脱毛」を始めたいのですが、ニキビやブツブツがあっても顔脱毛は出来ますか?

そうですね、ニキビの状態によって、脱毛できる場合と出来ない場合があります。例えば、化膿したニキビが多い時などは施術は難しいです。

そうなんですね。ニキビや吹き出物が出来やすいので、顔脱毛出来るのか心配です。

そうですか、分かりました。ではここでは、顔にニキビなどブツブツがある場合に顔脱毛が出来るかなど、顔脱毛をする上での注意点をご紹介していきましょう。

ニキビが化膿していなければ、顔脱毛は可能?

ニキビに悩まされる女性は多いです。ニキビは一つ消えたと思ったら、また一つ出現するので「顔脱毛したいけど、こんなニキビ肌で脱毛出来るのかしら?」と、心配になる方も多いでしょう。

しかし、ニキビが炎症を起こしておらず、化膿していないニキビであれば顔脱毛の施術は受けられることが多いです。

ここでは、ニキビが多くても顔脱毛が出来るのか、顔にブツブツがある場合の顔脱毛の注意点を紹介していきます。

ニキビがある場合の顔脱毛の注意点3つ

Kjerstin_Michaela / Pixabay

ここでは、ニキビがある場合にぜひ知っておきたい、顔脱毛の注意点を3つご紹介します。

ひどく化膿したニキビは脱毛出来ない

顔脱毛は、顔にひどく化膿したニキビが複数あると、脱毛することが出来ません。

化膿してジュクジュクしているようなニキビに医療レーザーを照射すると、化膿や炎症をさらに悪化させ、ダメージを大きくしてしまう恐れがあるからです。

また、医療レーザーの光は60~80℃くらいあるので、ニキビの赤みに反応して、ヤケドを負わせてしまうことも考えられます。

ですから、ジュクジュクとした化膿ニキビが多い場合は、脱毛サロンやクリニックでの施術は断られることがあります。施術をしたいなら、ある程度ジュクジュクや化膿が引いてくるのを待って、また予約を入れていくとよいでしょう。

ニキビの化膿がおさまって、ジュクジュクした部分がなくなれば、脱毛も行えるようになります。

ニキビが多く広範囲だと脱毛出来ない

顔脱毛をする際、ニキビの数が多くて顔の広範囲に渡って広がっていると、脱毛施術が出来ないことがあります。

ニキビが顔全体や広範囲に及んでいると、医療レーザーで照射されるところが少なくなってしまうので、最初から脱毛効果が上がらないことが目に見えているため、施術を回避する場合があるからです。

ニキビの数が減ってきて、医療レーザーから照射される光に肌にしっかりと当たると判断されれば、脱毛は出来るようになります。

ニキビが出来やすい方、ニキビを何度も繰り返し作ってしまうような肌質をお持ちの方は「私はニキビが出来やすいです」と、事前に医師に相談しておきましょう。

キャンセルは前日までの連絡でしたら、無料で行えるクリニックがほとんどなので、ニキビが少なくなってから施術をしてもらうようにしましょう。

施術の予約を当日になってキャンセルすると、キャンセル料を支払わなくてはならないクリニックもあります。キャンセル料は1回のキャンセル毎に2000~3000円ほどが相場ですが、これよりも高いところもあります。

ポツンとしたニキビ数個なら脱毛OK!

顔脱毛をする時に、ぽつんぽつんと1つや2つニキビが見える程度なら、脱毛の施術は行われることが多いです。

一般的におでこやホホといった箇所にポツンポツンと出来たニキビには、そのニキビの上からシールを貼って、医療レーザーがニキビに直接当たらないようにして施術を行っていくので、脱毛の施術自体を断られることはありません。

ですが、シールで隠された部分は医療レーザーの光が当たりませんから、ニキビの周りにあるうぶ毛は脱毛出来ないことになります。次の施術時には、その部分は必ず照射してもらうようにしましょう。

また、ニキビがたくさんある時には施術ができない場合もありますが、顔脱毛をすると逆にニキビが出来にくくなるといわれています。

これは、脱毛によってうぶ毛がなくなり毛穴が引き締まることで、皮脂汚れや空気中のホコリなどが毛穴に入りにくくなって、ニキビが出来にくくなるためです。

クリニックの医療レーザーによる顔の永久脱毛をすれば、新たに作り出されるニキビの数も減ってきますので、素肌に自信を持てるようになりますよ。

化膿したニキビや、ニキビの数が多くて顔全体に広がっている場合は脱毛が出来ないこともあります。ですが、ポツンとしたニキビ程度なら脱毛することが出来ます!

「顔脱毛」する前に気を付けておくべき注意点 その1

Hans / Pixabay

ここからは、顔脱毛をするにあたり、顔脱毛の施術日前までに気をつけておきたい注意点を6つ挙げてご紹介していきます。

注意点① 生理日前後に予約を入れない

生理日前後に脱毛施術の予約を入れないようにしましょう。

生理になったからといって、顔脱毛が出来ないわけでもないですし、クリニックから施術を断られるようなこともありませんが、生理前や生理中はホルモンバランスの影響を受けやすいので、脱毛の施術をするのはオススメできません。

生理日前後というのは、いつもよりも肌が敏感になっている時期でもありますから、生理中に脱毛することで赤みやほてりなど肌トラブルが起こることも多くなります。

それに、生理前や生理中はホルモンバランスの影響をモロに受けて、皮脂の分泌が活発化してニキビも出来やすい時期です。

なるべくならニキビの無い肌で脱毛したいですし、また肌のコンディションが良くなければ、脱毛効果も上がりません。施術予約を入れる時は、そのあたりのことも踏まえて予約を入れていくとよいです。

注意点② 施術日前に脂っぽいものを食べない

顔脱毛をする前日に、脂っぽいものをたくさん食べることは控えましょう。

脂っぽい食事を食べた翌日というのは、体中に皮脂がめぐって顔も脂でテカテカになり、ニキビも出来やすくなります。脂がつくと、顔についたホコリやチリが取れにくくなるので、肌によごれを引き寄せてしまうことでニキビが出来やすくなるのです。

ニキビが沢山出来ると、脱毛が行えなくなってしまうこともあるので、施術前は脂っぽい食事は食べないようにしましょう。

また、たっぷりとした睡眠時間も確保しましょう。そして、過度なストレスを受けないこと・ため込まないことも大切です。ニキビは睡眠不足やストレスを受けることでも出来やすくなるからです。

自分なりにストレスを上手に発散して、食事や睡眠に気を配れば、肌にニキビが出来るような負担もかかりませんのでスムーズに脱毛施術を受けることができます。

注意点③ 日焼けをしない

顔脱毛をする前には、日焼けもしないようにします。

日焼けをしてしまうと脱毛効果が落ちるばかりか、日焼けの度合いによっては、施術が出来ないこともあり得ます。肌が日に焼けると、医療レーザーの光の熱に皮膚自体が耐え切れなくなり、ヤケドをすることも考えられるからです。

日焼けをすると皮膚の一番上の角質がめくれ上がってしまい、バリア機能を失っていきます。バリア機能がなくなると、熱が入り込みやすくなるので、ヤケドを起こしやすくなります。

しかも角質層の上層部がなくなってしまうと、その下にある未成熟な細胞がむき出しになるので、またさらに医療レーザーの熱を受けやすくなり肌はどんどん荒れていきます。

顔脱毛をする前は、日焼けは厳禁です。

体のコンディションがよい時は脱毛効果も上がります!脱毛前は規則正しい生活でニキビ予防をして、日焼けをしないようにしましょう!

「顔脱毛」する前に気を付けておくべき注意点 その2

sonja_paetow / Pixabay

注意点④ ピーリングやあかすりをしない

顔脱毛の前は、ピーリングやあかすりをしないようにします。

ピーリングやあかすりを行った後は肌表面が荒れているので、脱毛をすると顔がヒリヒリしたりすることがあるからです。ピーリングもあかすりも、肌表面の角質をゴシゴシと無理矢理はがしていく作業を行うので、日焼けと同様に肌のバリア機能を失っていきます。

肌のバリア機能が落ち込んでいる時に医療レーザーを照射していくと、肌トラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

ピーリングやあかすりをするなら、顔脱毛施術日の2週間前までに済ませるか、もしくは顔脱毛中はピーリングやあかすりをせず、脱毛が完了してから行うようにしましょう。

注意点⑤ 毛抜きをしない

顔脱毛する前は、毛抜きやピンセットを使っての毛抜きはしないようにします。

顔のムダ毛はほとんどがうぶ毛ですが、まれに鼻下や口周り、アゴなどにヒゲのように太いムダ毛が生えてくることがあります。

このような太いムダ毛を毛抜きで「ピッ」と抜いてしまうと、顔脱毛する時の医療レーザーの光が当たらずにそこの部分だけ脱毛効果が生まれなくなってしまいます。

ですから、「あれ、アゴに太いムダ毛が生えてきてる・・・」と発見してしまった時には、毛抜きで抜かずに施術当日にシェーバーで事前処理をする際に短く切り揃えて、医療レーザーを照射してもらうようにしましょう。

医療レーザーはムダ毛の黒いメラニン色素部分に反応させて発毛細胞を破壊して脱毛していくので、毛抜きでムダ毛を根こそぎ引っこ抜いてしまうとムダ毛の黒い部分がなくなってしまい、脱毛効果が届かなくなります。

注意点⑥ シェービングでカミソリを使わない

顔脱毛する前のシェービングには、カミソリは絶対に使わないようにします。

顔脱毛を行う当日は、必ず顔のシェービングをしてくるように伝えられます。その際にカミソリを使って事前処理をしようとすると、顔を傷つけてしまうことがあります。顔にケガをすると、当日の顔脱毛は出来なくなります。

顔脱毛前の事前処理には、電気シェーバーを使うようにしましょう。シェーバーは刃を強く当てず、毛の流れに沿ってゆっくりと剃り上げていきます。剃り終わった後は、クリームなどで保湿を行うと肌の乾燥が防げますので、必ず丁寧に塗り込むようにしましょう。

顔脱毛をする前は、肌を乾燥させたり傷を作るような行為を行わないようにします。ムダ毛の事前処理は必ず電気シェーバーで行いましょう!

顔脱毛は医療脱毛がおすすめ

顔脱毛は脱毛サロンではなく、クリニックの医療レーザーによる顔脱毛をオススメします。

その理由は、ムダ毛やうぶ毛の永久脱毛が出来るのは、クリニックで扱われている医療レーザーでなければ不可能だからです。

しかも、顔のムダ毛である産毛は、サロンの光脱毛だと照射が弱く、脱毛効果を感じるためには、かなり長期間通い続ける必要があるからです。

詳細は、「大阪で「顔脱毛」するならどこがおすすめ?主要クリニック5つの料金や口コミを徹底比較」の記事でも解説しています。

まとめ

ニキビは多すぎると施術は出来ませんが、ニキビの炎症が落ち着いてきたら、ぜひクリニックで医療レーザーによる顔脱毛の無料カウンセリングを申し込んでみてください。

顔にニキビがあると、「永久脱毛なんてムリ」と思うかもしれませんが、クリニックの無料カウンセリング時などに医師に相談すれば大抵は顔脱毛の施術を受けることができるようになるといわれています。

それに、顔脱毛はニキビが出来にくくなる効果もあるといわれています。

それに加え、顔脱毛をすれば、肌がスベスベになってお化粧やメイクをするのも楽しくなります。顔脱毛は”女性の気分を最高に上げてくれる”エッセンスですよ。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする