医療レーザーでは産毛脱毛が出来ない?産毛脱毛に効果的な医療レーザーの機種や効果まとめ

クリニックの医療レーザーでは、産毛の永久脱毛は出来ないのでしょうか?

出来ますよ。近年、脱毛マシンはとても進化しています。ただ産毛はメラニン色素が薄いため、まれに施術回数が多くなることもあります。

そうなんですね。産毛の永久脱毛の回数や効果などについても知りたいです。詳しく教えてもらえますか?

分かりました。ではここでは、産毛に対する医療レーザーの種類や効果、回数などについてご紹介していきましょう。

「医療レーザーの産毛に対する脱毛効果はとても低い?

産毛の永久脱毛は難しいといわれています。それは何故かというと、産毛にはメラニン色素が少ないからです。

しかしクリニックの医療レーザーには、産毛への脱毛効果が非常に高いものも存在します。

ここでは、産毛脱毛に効果的な医療レーザーの種類をいくつか挙げて、産毛脱毛に対する効果や施術回数などについても詳しくご紹介していきましょう。

産毛が脱毛しにくい3つの理由

一般的に、産毛の脱毛はしにくいといわれています。それはなぜでしょうか?産毛脱毛に効果的な医療レーザーの機種をご紹介する前に、まずは「産毛が脱毛しにくい理由」をご紹介しておきます。

①産毛はメラニンが少なく色素が薄い

産毛はメラニン色素が薄いので、脱毛しにくいといわれています。

クリニックの医療レーザーは、ムダ毛が持つ黒いメラニン色素に反応させていくことで、毛根組織を破壊して脱毛をしていきます。

ムダ毛の中にあるメラニン色素が多いほど、毛は黒々としてきます。頭に生えている髪の毛やワキの下に生えている太くて濃い色をしたムダ毛は、メラニン色素が多いので真っ黒に見えます。

加齢による頭皮の白髪は、年齢を重ねるごとにメラニン色素が減っていくことで起こる現象です。

ここで例として、顔に生えている産毛とワキの下に生えているムダ毛のメラニン色素の量を比較してみましょう。

産毛のほうが白っぽくて透明に見えます。産毛はメラニン色素が圧倒的に少ないことが分かります。

医療レーザーは黒いメラニン色素に照準を当てて照射していきます。メラニン色素は医療レーザーから照射された熱を最大限に吸い込み、それが毛根まで伝わって、毛根の細胞が壊される仕組みです。

ですが、産毛にはメラニン色素があまりありません

医療レーザーは黒いメラニン色素に熱をよく反応させることで脱毛をしていくので、メラニン色素の少ない産毛に医療レーザーを照射をしても効果が上がりにくいのはこのためです。

関連記事医療レーザーにはNG部位がある?永久脱毛に向いている部位と向いていない部位

②産毛は毛周期が特殊で照射調整が難しい

産毛は毛周期が遅いため、医療レーザーが当たらないことも多く、そのため脱毛が進まないことがあります。

ムダ毛は”抜けて、生える。抜けて、生える。”を繰り返しています。このムダ毛が生え変わる周期のことを「毛周期」といいます。

脱毛は毛周期に沿って施術を行うと、脱毛効果が上がります。そして医療レーザーでは肌表面に現れているムダ毛しか脱毛出来ませんから、2~3ヶ月に1回の間隔で脱毛していくわけです。

産毛はワキやVIOなどに生えているムダ毛の太さとは全く違いますし、メラニン色素の量も全く違いますので、毛周期も全く違います。

毛は細いほど生えてくるスピードが遅くなる傾向にあり、例えばワキのムダ毛が3~4ヶ月に1度生え変わるのに対し、産毛は5~6ヶ月ほどかかるといわれています。

産毛は他のムダ毛とは違う毛周期の特徴を持っているため、太いムダ毛の毛周期に合わせた施術間隔だと産毛の毛周期とはズレてしまいます。

ワキのムダ毛が成長期で肌表面に上がってきていても、産毛はまだ休止期で、肌内部に隠れていることもあるということです。

この産毛の毛周期のズレがそのまま、「産毛を脱毛するのは難しい」ということにつながっています。

また産毛はある程度高い熱を与えないと脱毛することが出来ません。ですが、1回目の脱毛などでは弱めの照射パワーで脱毛していくことが多いです。

脱毛したい方の肌が、医療レーザーの光力にどれくらいのパワーまで持ちこたえることが出来るのか、肌は赤くならないか、痛みの感じ方や大きさなどはどうか、などその方の肌タイプの見極めが終わるまでは、始めから強い照射パワーを与えることはしないからです。

このように、照射の調整に時間がかかるのも、産毛が脱毛しにくい理由の一つだといわれています。

関連記事永久脱毛でやけどした?どうして?原因と解決法3つ&予防法3つ

③産毛は脱毛サロンでは脱毛しにくい

産毛は高い熱エネルギーを与えないと脱毛しにくいので、脱毛サロンでは脱毛しにくいです。

先程少し述べましたが、産毛はある程度大きな熱量を与えないと、毛根組織を完璧に破壊することは出来ません。

これはメラニン色素が薄いので、普段と同じ照射パワーの熱量では毛根まで熱が届きにくいからです。毛根までしっかりと熱ダメージを届かせなければ、産毛の再生細胞を一つ残らず焼き尽くすことは出来ません。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛機はクリニックの医療レーザーの、約3分の1の照射威力しかないといわれます。ただでさえ産毛には大きな熱量が必要なのに、医療レーザーより照射威力がものすごく劣るフラッシュ脱毛機で、産毛の脱毛が進むでしょうか?答えは、「NO!」です。

フラッシュ脱毛機と医療レーザーの違いについては、「「脱毛サロンの効果は医療レーザーと変わらない!」はウソ?本当は違う大きな3つの理由」で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

「産毛も全部しっかり永久脱毛をしたい!」とお考えの方は、脱毛サロンでは永久脱毛することは不可能ですから、必ずクリニックに通いましょう。

脱毛サロンの、産毛やムダ毛に対する脱毛は減毛施術なので、またいずれ産毛やムダ毛は生えてくることになります。「脱毛サロンでは永久脱毛することは出来ない!」ということを心にとめておきましょう。

関連記事脱毛サロンで永久脱毛は無理!サロンとクリニックの脱毛効果の違い

産毛はメラニン色素が少なく、毛周期も特殊という理由などから脱毛しにくいといわれています!

産毛の脱毛に効果的な脱毛マシン

次に、5つの主要クリニックが導入している”産毛に効果的な脱毛マシンの機種”について、特徴や効果など詳しくご紹介していきます。

産毛の脱毛効果が高い脱毛マシンってどんなもの?

産毛の脱毛に効果がある脱毛マシンは「ソプラノアイスプラチナム」や「ライトシュアデュエット」「メディオスターNext」などです。

産毛に対する脱毛効果が高い機種はいくつか存在します。ここでは、5つの主要クリニックが産毛対策としても導入している、産毛脱毛に優れた効果を現す脱毛マシンを1機種ずつ厳選してご紹介していきます。

《各クリニックの産毛の脱毛に効果的な脱毛マシン

① 「レジーナクリニック」・・・「ソプラノアイスプラチナム」(痛みが少ない・日焼け肌OK)

② 「リゼクリニック」・・・「ライトシュアデュエット」(少し痛い・日焼け肌NG)

③ 「湘南美容外科クリニック」・・・「アレキサンドライト」(少し痛い・日焼け肌OK)

④ 「フェミークリニック」・・・「メディオスターNext」(少し痛い・日焼け肌OK)

⑤ 「サクラアズクリニック」・・・「ジェントルレーズプロ」(痛みが少ない・日焼け肌OK)


ここでは各クリニック1つずつピックアップしてご紹介しています。ここでは紹介していませんが実際は、どのクリニックでも2~5機種ほどの脱毛マシンを設置しています。

そして、特に産毛脱毛に対して効果的だといわれているのが、以下の3つの機種です。

産毛脱毛の効果が特に高いといわれている脱毛マシン》

①「ソプラノアイスプラチナム」・・・レジーナクリニックなど

②「ライトシュアデュエット」・・・リゼクリニックなど

③「メディオスターNext」・・・フェミークリニックなど

医療レーザーの全身脱毛は何回でツルツルになる?回数契約する際の注意点」でも少しご紹介していますが、全身には濃いムダ毛が生えている部位と、産毛のような細いムダ毛が生えている部分が混在します。

施術回数を抑えるために、濃いムダ毛も、色素の薄い産毛もまとめてしっかりと脱毛したい方は、「ソプラノシリーズ」の脱毛マシンなどを導入しているクリニックに通院するとよいでしょう。

関連記事ツルツルするのはいつ?サロンとクリニックの永久脱毛完了までの回数や期間の違い

「ソプラノ シリーズ」は最も産毛脱毛に効果的!

「ソプラノシリーズ」の脱毛マシンは、メラニン色素に反応させずに脱毛を行うことが出来るので、産毛の脱毛に非常に効果的です!

「ソプラノシリーズ」の脱毛マシンには3種類あります。「ソプラノ」「ソプラノアイス」「ソプラノアイスプラチナム」の3つです。

これらの「ソプラノシリーズ」の脱毛マシンでは、いずれもメラニン色素に医療レーザーの光を反応させなくても脱毛を進めていける仕組みを持っています。

メラニン色素を使うことなく脱毛することが出来るので、「ソプラノシリーズ」の脱毛マシンはどんなムダ毛でも脱毛出来るということになり、産毛の脱毛にも高い脱毛効果があるのです。

「え、メラニン色素に反応させないと、脱毛って出来ないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ソプラノシリーズなら大丈夫です。

ソプラノシリーズの最大の特徴は、先程言った”メラニン色素を使わない”という脱毛の仕組みですす。

ソプラノシリーズの脱毛マシンは、毛包というムダ毛の毛根周辺の皮膚の一部に熱ダメージを与えることで永久脱毛をしていきます。

通常の脱毛マシンですと、ムダ毛の中心にあるメラニン色素に熱ダメージを与えて、ムダ毛の中から毛根を破壊していきます。

一方先程も言いましたがソプラノシリーズの脱毛マシンは、メラニン色素を通さなくても永久脱毛が出来る仕組みで、毛根の外からじんわり熱ダメージを与えていきますので、低温でも脱毛が可能となります。

また低温ということでヤケドも起こりにくく、痛みも少ないというメリットも生まれます。以下で、ソプラノシリーズの中でも最新機種の「ソプラノアイスプラチナム」の特徴をまとめます。

《「ソプラノアイスプラチナム」の効果や特徴》

  • 波長が3種類でどの種類のムダ毛にも対応
  • メラニン色素を無視した脱毛が出来る
  • 産毛の脱毛にも効果が高い
  • 出力が低い施術が出来る(ヤケドしにくい)
  • 先端に冷却口が付いていて痛くない
  • 痛みがほぼ無痛
  • 日焼けした肌でもOK
  • 高速の連続照射で照射漏れを防ぐ
  • 1回当たりの施術時間が短い

現在、ソプラノアイスプラチナムを導入しているのは、「レジーナクリニック」などです。脱毛マシン一つで、痛みや脱毛効果は変わるものです。

より痛くない施術を希望され方は、このような最新機種を導入しているクリニックに通院してみてもいいでしょう。

関連記事ソプラノアイスプラチナムは痛みが少ないって本当?

現在クリニックでは、産毛にも高い効果を発揮する脱毛マシンを続々と導入して、産毛脱毛に対応しています!

産毛の脱毛の通院回数について

産毛脱毛は何回通えば終わるの?

医療レーザー脱毛であれば、産毛の脱毛は5~6回程度の回数で完了することが多いです。

産毛は、額の生え際、口周りや鼻の下、アゴなどに生える柔らかい毛です。ここでは、顔脱毛の通院回数を目安にしてご紹介していきます。

《主要クリニック5つの顔脱毛の回数(カッコ内は料金)》

① 「レジーナクリニック」・・・5回(税込129,600円)

② 「リゼクリニック」・・・5回(税込136,800円)

③ 「湘南美容外科クリニック」・・・6回(税込110,150円)

④ 「フェミークリニック」・・・6回(税込186,000円)

⑤ 「サクラアズクリニック」・・・5回(税込220,000円)

産毛の脱毛は、ワキやVIOなど濃くて黒々としたムダ毛が生えている部位と比較すると、脱毛効果を実感しにくい部位です。

ですが現在は、先程ご紹介した産毛にも優れた脱毛効果を発揮する脱毛マシンで、産毛にも最大限のダメージを与えていくことが出来るようになっています。

「産毛は脱毛効果を感じにくい」、と言われているとはいえ、近年の脱毛マシンは医療レーザーの光が産毛にもしっかりと伝わりやすいよう、キャッチされやすいよう改良されてきています。

ですから、産毛がたくさん生えている顔部分の脱毛も、ワキや腕などの通院回数と同じくらいの5~6回くらいの回数で脱毛が完了する場合が多いです。

また、どうしても産毛の脱毛が進まなかった場合でもプラス1~2回ほどの通院回数で施術が完了するでしょう。脱毛サロンのように、20回や30回も産毛脱毛に通うようなことはまずありませんので安心しましょう。
関連記事顔も永久脱毛できる?料金相場や施術回数の目安など気になるポイント総まとめ

関連記事サロンでの顔脱毛はNG!顔のムダ毛処理は医療脱毛がおすすめの9つの理由

産毛脱毛は「硬毛化」が起きやすい?

産毛の脱毛をした場合、まれにですが「硬毛化」が起きることがあるといわれています。

「硬毛化」とは、脱毛後にムダ毛が太くなったり長くなってしまう現象で、主に産毛が太い毛に変わってしまう際に呼ばれる呼び名です。

硬毛化が起きる原因は、医療レーザーが産毛の毛根や周りの細胞組織を刺激してしまい、毛根組織が逆に活性化してしまうことによって引き起こされるといわれています。

本来であれば、産毛に医療レーザーを照射したわけですから、産毛の毛根組織にダメージを与えて毛根組織を破壊し尽してしまわなければならないところです。

ですがそこまで大打撃を与えられず、毛根組織を元気にさせてしまうという真逆の現象が起きてしまうのが硬毛化現象です。

しかし、この産毛の硬毛化現象も医療レーザーの照射を重ねることで解消していくことが出来ます。

産毛が硬毛化したことによって、今までより薄かったメラニン色素が多くなるわけですから、医療レーザーのムダ毛のメラニン色素に対する反応も良くなります。

産毛が硬毛化によって太いムダ毛に変わったことを逆手に取って脱毛することが出来るという、結果的には良い終わり方が出来るのは、照射パワーの強い医療レーザーならではの技です。

医療レーザーなら万が一に硬毛化が起きてしまったとしても、抜群の脱毛効果を発揮します。一時は、「どうしよう!?産毛がなんだか、太くなってきちゃった!」と硬毛化を心配した方でも、安心して通院して脱毛を完了させることが出来ます。

関連記事クリニックの医療レーザーの永久脱毛で副作用は?肌トラブルが起きたらどうすればいい?

関連記事1回の医療レーザー脱毛をすると、どれくらい毛が無くなるの?薄くなる?消える?

医療レーザーなら産毛も安全に脱毛出来る!

医療レーザーは高いレベルの照射パワーも出せるので、産毛も安全にしっかりと脱毛することが出来ます。

産毛と普通のムダ毛の違いは、細いか太いかということとメラニン色素の量だけです。産毛はメラニン色素が少ない分、毛根まで熱エネルギーが届きにくいわけです。ですが、医療レーザーなら高出力が可能なので、産毛もしっかり脱毛することが出来ます。

産毛は照射された光をキャッチしずらいので、毛根までダメージを与えられないところを、医療レーザーはバッチリと届けられるので産毛の脱毛が出来ます。

またこの効果は顔に生えている産毛だけに限ったことではありません。産毛は顔だけでなく体中に生えています。胸、お腹、背中、肩、指など様々です。

もちろん医療レーザーなら指に生えている産毛にも効果を発揮します。指毛脱毛については、「永久脱毛は指毛もできる?1回で終わる?料金は?」でご紹介していますので、そちらをご覧ください。

また医療レーザーが取り扱われる場所は、医療機関であるクリニックなので、清潔で衛生的、安全で安心、丁寧で熱心、全ての分野において高水準の施術が受けられます。

もしも肌トラブルが起きてしまった際も、無償で治療を行ってくれるところも多く、この点も脱毛サロンとは大違いのポイントです。

脱毛サロンでは、もそも副作用や肌トラブルが出た際にはどのように対応しているのかというと、皮膚科や提携しているクリニックを紹介するのみです。これでは、脱毛したい方の肌を放り投げてしまっているのと同じです。

医療レーザーによる永久脱毛は、厚生労働省が医療行為だと認めています。

クリニックの医療レーザーなら、安心してゆったりとした気分で施術を受けられますし産毛への脱毛効果も最高ですからツルツルに仕上がります。

関連記事サロンの永久脱毛よりクリニックで永久脱毛するメリット10個

医療レーザーであれば、どの部位の産毛でも5~6回程の通院回数で永久脱毛をすることが可能です!

まとめ

”産毛への脱毛効果は低い”という今までの定説は、現在はあまり通用しなくなっています。

脱毛する際、照射威力の弱い脱毛サロンのフラッシュ脱毛機ではなくクリニックの医療レーザーを選んで施術を受ければ、産毛にもしっかりと脱毛効果を与えることが可能です。

医療レーザーだからこそ、産毛に対して痛みも少なく、美肌効果も得られ、脱毛効果も高い脱毛をすることが出来ます!

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする