ニキビがあっても医療レーザーで顔脱毛はできる?敏感肌はアトピーは?

医療レーザーで顔脱毛をしたいのですが、ニキビが沢山あります。こんな私でも永久脱毛出来ますか?

出来ますよ。ただし施術できるかどうかは、医師の判断で決定されます。カウンセリング時に相談してみましょう。

分かりました。それと私はアトピー体質でもあるのですが、アトピーでも永久脱毛はできますか?

出来ますよ。ではここでは、ニキビやアトピー敏感肌でも顔脱毛は出来るのか、理由や効果などについてご紹介していきましょう。

ニキビがたくさんあるけど顔の医療レーザー脱毛は出来るの?

医師の診察による最終的な判断が必要ですが、ニキビがあっても医療レーザー脱毛は出来ます。

そして敏感肌やアトピー肌の方も、医療レーザー脱毛なら施術は可能です。

ここでは、ニキビや敏感肌・アトピー体質の方でも医療レーザー脱毛ができる理由や、医療レーザーが顔脱毛に与える効果などについても詳しくご紹介していきましょう。

最後に、ニキビや肌荒れがあっても医療レーザー脱毛を受けた方の体験談を口コミでご紹介しています。医療レーザー脱毛が肌にどのような影響を与えたのか、をご覧になって顔脱毛をする際の参考になさってください!

ニキビがあっても医療レーザー脱毛は出来る?

lightstargod / Pixabay
まずはニキビが出来ていても、医療レーザー脱毛は可能なのかみていきましょう。

ニキビがあっても医療レーザー脱毛は出来ます!

ニキビがあっても、医療レーザー脱毛の施術を受けることは出来ます。しかし、ニキビの量や症状の深さによって、施術出来ない場合もあります。

”ニキビがあっても、医療レーザー脱毛が出来る条件”を以下にまとめます。

  • ニキビの数が比較的少ない
  • ニキビが赤くジュクジュクしていない
  • ニキビが膿んでいない
  • 治りかけのニキビが多い

顔にニキビが出来ていても上記のような状態であれば、施術前に保護シールや保護テープなどをニキビの上から貼って、医療レーザーを照射して脱毛していくことが出来ます。

ニキビの数が多すぎると、テープを貼る範囲が広くなりすぎて医療レーザーを照射できる範囲がせまく少なくなります。これでは、脱毛は進みません。

こういった場合、ニキビの数が減るまでしばらく待つか、ニキビの治療を済ませてニキビの状態が良好になるまで施術を行わないクリニックが多いです。

では何故施術を行わないのかというと、それは赤く腫れてジュクジュクと化膿した症状のニキビに医療レーザーを当てると、やけどを起こす可能性が高くなるからです。

症状が落ち着いてから施術を始めたほうが効果も上がります。ですからクリニックでは、先にニキビ治療に専念することも多くあるのです。

関連記事ニキビが多くても顔脱毛は出来る?顔にブツブツがある場合の顔脱毛の注意点

ニキビ肌の施術は医師の判断で施術が行われます!

ニキビがある場合、施術をすることは出来ます。しかし、その施術を実行するかどうかを決めるのは医師の判断です。

ですから自分では、「これくらいのニキビ大丈夫でしょ!」と思っていても、医師の診察後の判断によっては施術を回避する場面も出てくるということです。

クリニックの医療レーザー脱毛を受ける前には、必ず医師の診察を受けなければなりません。そして診察の前にはカウンセリングの時間も設けられているところも多いです。

カウンセリングの時に、「私はニキビが出来やすいのですが、顔脱毛できますか」と相談しておくと、医師の診察もスムーズに進むことが多いです。

自分の肌がニキビが出来やすいオイリー肌だということを先に伝えておくことで、施術の進み方も変わります。

永久脱毛は顔も出来る?料金や施術回数の目安と注意点」でも説明していますが、始めに自分の肌質を知らせておけば、施術回数の目安などもつきやすくなるでしょう。

関連記事永久脱毛の回数の目安は何回?効果が見えるのは何回目から?

関連記事ツルツルするのはいつ?サロンとクリニックの永久脱毛完了までの回数や期間の違い

ニキビ跡が多くても脱毛出来る?

ニキビ跡が多くても、医療レーザー脱毛を受けることは出来ます。

医療レーザーはムダ毛の黒いメラニン色素に熱を与え、毛根組織を破壊してムダ毛を生えさせなくする脱毛方法です。

医療レーザーはホクロなど黒いメラニン色素部分には反応しますが、ニキビ跡のようなとても薄い色にはそれほど強く反応しないように設計されています。

特に1回目の顔脱毛をする際には、ワキや腕・脚といった体に当てる医療レーザーの強さではまず照射しません。顔の皮膚は体の皮膚より薄いからです。

顔に医療レーザーを照射していく場合、まずは弱い出力で肌のコンディションや調子・様子を見ながら、徐々に照射出力を上げていきます。

多くのクリニックでは、ニキビ跡が多く残るようなところは出力を下げて照射していくので、強い炎症を起こしている部分が無ければ、肌には何も影響はない場合が多いです。

ニキビやニキビ跡があっても、医師の診察で「施術できる」という判断が下りれば、医療レーザー脱毛は受けられます。

顔脱毛で鼻周りの毛穴がなくなる?30代の美顔処置」でもご紹介していますが、顔の永久脱毛をすることがニキビ予防にもつながることも多いといわれています。

ニキビの出来やすい方ほど、顔の永久脱毛は受けてみるべきかもしれません。ちなみに二の腕によく見られるブツブツの毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)も、医療レーザー脱毛で改善に向かったという症例もあります。

関連記事医療レーザーの顔脱毛で顔が綺麗になる!仕組みや注意点、サロンとの違いは?

ニキビがある方でも医師の判断でOKが出れば、医療レーザー脱毛の施術を受けることが出来ます!

敏感肌やアトピー肌でも医療レーザー脱毛出来るの?

Engin_Akyurt / Pixabay
ここからは、敏感肌やアトピー肌でも医療レーザー脱毛は受けられるのかご紹介していきます。

敏感肌でも医療レーザー脱毛は出来る?

医療レーザー脱毛は、敏感肌でも施術を受けることが出来ます。

先程も少し触れましたが、医療レーザー脱毛は毛の黒い部分をターゲットとして、黒に部分にのみ熱を与えていく仕組みです。黒いメラニン色素に熱を与え、ムダ毛の毛根までダメージを届けます。

敏感肌は、別に黒い素肌をしているわけではありません。ですから医療レーザーは、脱毛したいという方が敏感肌であっても何らお肌に悪い影響を与えることはないのです。

逆に、敏感肌や肌荒れをしょっちゅう起こすような乾燥肌を持っている方にとっては、医療レーザー脱毛は救いになることも多いといわれています。

敏感肌や乾燥肌の方が永久脱毛すると、いつも自分でムダ毛の自己処理を行っていることで受けていた肌ダメージが一気に消し飛んでいくからです。

自己脱毛によって傷つけられる肌ダメージは、相当なものです。カミソリなどの自己処理によって生まれる肌ダメージは、乾燥肌を引き起こす最大の原因になります。

カミソリで自己脱毛をすると、肌の一番上の角質層を見事に削り取られていくことになります。敏感肌や乾燥肌の方はただでさえ角質層がめくれ上がっていて、肌が乾燥しているのに、さらに角質層を奪われるわけです。

自己脱毛による「角質層を剥ぎとられる」という肌ダメージは、敏感肌や乾燥肌の方にとっては最悪のダメージです。顔の永久脱毛をすることで、自己脱毛の必要性が全くなくなるので、カミソリに触ることもなくなります。

このような理由から医療レーザー脱毛をすることで、敏感肌や乾燥肌の方の肌が改善されるという嬉しい事態が起こることがあるのです。

関連記事ムダ毛の自己処理は危険!?自宅での自己処理が危険な理由9つ

アトピー体質でも医療レーザー脱毛は出来る?

アトピー肌でも医療レーザー脱毛をすることは出来ます。

敏感肌のところでも言いましたが、アトピー肌の方も特に素肌が黒い色素沈着を起こしているわけではありませんから、医療レーザーがアトピー肌に変な反応を示すこともありません。

医療レーザー脱毛をすると、2~3日は毛穴に炎症を起こすことが多いですが、しばらく経過すれば毛穴の炎症は鎮まってきます。アトピー肌に悪影響を与えて、アトピー性皮膚炎が悪化してしまうようなこともないでしょう。

そしてアトピー性皮膚炎の方が脱毛の施術を受けるなら、脱毛サロンではなく、クリニックの医療レーザー脱毛が最適です。必ず、クリニックの医療レーザー脱毛を受けましょう。

脱毛サロンで永久脱毛は無理!サロンとクリニックの脱毛効果の違い」でもご紹介しましたが、脱毛サロンではまず、永久脱毛が出来ません。

脱毛サロンで行われているのは、「減毛」「除毛」なので、脱毛効果はとても薄く一過性のものなので、また数年後にムダ毛が生えてくることが多いです。

対してクリニックの医療レーザー脱毛は永久脱毛が出来るうえに、アトピー性皮膚炎などを治療しながら、脱毛の施術を進めていくことも可能です。

クリニックは皮膚科や美容皮膚科という名を掲げた病院で、医療機関です。皮膚に精通した幅広い知識や見聞を持った、医師や看護師の集まっているのが医療機関です。

医師や看護師はアトピー性皮膚炎などの肌トラブルに対しても、深い知識を持っています。もしも万が一、何かトラブルが出て症状がひどくなったとしても、その場その場で症状を適格に判断しながら軟膏や内服薬を処方してくれます。

脱毛サロンには医師も看護師もいませんから、アトピー肌を持っているなら、元から皮膚の専門家のところで脱毛することが望ましいでしょう。

関連記事「脱毛サロンの効果は医療レーザーと変わらない!」はウソ?本当は違う大きな3つの理由

関連記事サロンの永久脱毛よりクリニックで永久脱毛するメリット10個

最高の効果を得るため、脱毛後のケアは重要

敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方が医療レーザー脱毛をした時は、普通肌の方にも増して、脱毛後のアフターケアが重要です。

最高値の脱毛効果を得るための柱は3つあります。「永久脱毛できる」「熟練スタッフの施術」「脱毛後の丁寧なケア」です。この3本柱がとても重要で、この中のどの柱が抜けても脱毛の効果は最高の値をはじき出すことは出来ません。

「脱毛後のアフターケア」はあまり重要視されないかもしれませんが、施術後のアフターケアは脱毛効果に直結しています。手を抜けば低い脱毛効果しか得られません。丁寧なアフターケアを行うことで、高い脱毛効果を手に入れることができます。

永久脱毛ってホントは痛い?脱毛後のケアは?後処理は必要?」でもご紹介していますが、施術後のアフターケアで最も重要なのは「保湿」と「日焼け防止」です。

脱毛後、肌は医療レーザーによって熱を与えられていますから、肌の水分を大量に失っています。ローション、ジェルなどで肌内部にしっかりと水分を与え、その上からクリームなどを塗って保湿をします。

また、熱を与えられてほてった肌に追い打ちをかける日焼けは厳禁です。日焼け止めクリームなどを塗ってなるべく日焼けしないように心がけましょう。

関連記事医療レーザーで永久脱毛した後のアフターケア方法4つ

クリニックの医療レーザー脱毛なら、敏感肌やアトピー肌の方でも安全に脱毛できる環境が整っています!

ニキビや肌荒れがあっても顔脱毛した方の口コミ!3つ

sannyctba / Pixabay
ここからはニキビなどの肌トラブルを抱えていても、実際に医療レーザー脱毛した方の声を3つお届けしていきます!

「ニキビが出来やすいけど、医療レーザー脱毛できてツルツルに!」

20代/事務系

私は小学6年生頃から、ニキビがたくさん出来ていました。大人になってからもニキビが出来やすく、特にアゴやアゴの下に集中してニキビが出来るので本当に困っていました。

ニキビが多いので、クレーターのように肌がボコボコとしていたので、それを隠そうとファンデーションを厚く塗っていたのも良くなかったのかもしれません。

ニキビは10年以上の私を悩ませ続けました。それでたまたま友達が、クリニックの医療レーザー脱毛で肌がキレイになったよ!と教えてくれたので、私も医療レーザー脱毛をしようと思いました。

それで、そこからお金を貯めてクリニックに通おうと思っていたのですが、月額制で安く永久脱毛が出来るクリニックが会社の近くにあったので、そこに行って脱毛してもらいました。

3回目の施術くらいから、ムダ毛がなくなってきてスベスベの肌を実感できましたよ。

ニキビはどうだろう?と脱毛期間中はいつも心配していましたが、スタッフの看護師さんがニキビのヒドイところだけいつもパッチを貼って隠してくれたので、施術中も全然痛くありませんでした!

そして医療レーザー脱毛を終えた時には、なんとアゴや口周りにあったニキビ跡が薄くなっていました!すごく、嬉しい効果にビックリしました!

スタッフさんに聞いたら、「医療レーザーは元々シミやホクロの除去などにも使われている機械で、ニキビ跡が薄くなる効果もねらえるんですよ」、という話でした。

医療レーザー脱毛後はニキビも少しづつですが、減ってきたように思います。ニキビ跡も薄くなったしこんな効果があるなんて、メッチャ嬉しかったです!

「アトピーでも医療レーザー脱毛出来た!」

20代/ブライダル業

私は小さい頃からすぐに肌がかゆくなるアトピー性皮膚炎を持っていて、季節の変わり目などは、いつも大変な思いをしていました。それにアトピーなのに、ムダ毛が濃いという悲しい肌で思春期はそれが悩みで、登校拒否もしたこともありました。

でもある日、アトピーでも永久脱毛できるというネットの記事を読んで、私も医療レーザー脱毛できるかもと思って永久脱毛することに決めました。

しかし困ったことがあってアトピー性皮膚炎が重くなって、どうしてもかゆみが止まらなくなったりすると、皮膚科でもらった薬を塗らなくてはなりません。

初めてクリニックに行った時に「ステロイド系の強い薬が多いので、それが脱毛する時に塗れるのか」と聞いたところ、ステロイド剤は塗ってはいけないといわれました。

じゃあ、脱毛できないのかな、と不安になりましたがスタッフさんが「ですが、別の薬で対応しながら脱毛することも可能なので、一度医師の診断を受けてみましょう」と説明されました。

それですぐ隣の部屋にいた医師のところへ通されました。お医者さんは、私のアトピー肌をチェックしながら「1回、パッチテストのような照射テスト受けてみようか。それで、2~3日後に肌をまた見せてもらえる?」と、パッチテストみたいなのをしてくれました。

しばらく経っても肌は別に痛みもなく、ごく普通に過ごせていたので、季節の良い時期を選んで医療レーザー脱毛を開始しました。その間ステロイド剤を塗ることはせず、どうしてもかゆくなってまってしょうがない時だけ塗る薬を処方してもらいました。

ですが1回、アトピーがひどくなった時にはステロイド剤を塗ったことがありました。電話でスタッフさんに症状や今の状態を伝えたら、「内服薬は1ケ月、軟膏クリームは2週間止められた時にまた脱毛を再開できますよ」とのことで、安心して治療しましたよ。

そうして、計5回の顔脱毛を1年7ヶ月で完了させました。アトピー肌で悲しい思いをしていた私でも永久脱毛して、ツルツルの肌をゲットできましたよ!

「敏感肌でカミソリ負けがひどかった肌が、医療レーザー脱毛で変わった!」

20代/アパレル系

私は洋服や雑貨を扱うショップで働いているため、キレイな肌で服を着なくちゃいけないのに、肌はかきむしった痕で汚い部分も多く、あまりキレイな肌をしていないのが悩みでした。それに、意外と剛毛だし・・・。

敏感肌だけどムダ毛処理もしなくちゃいけないので、毎日カミソリで自己処理していました。で、カミソリ負けで肌がかゆくなっていつも肌を汚くしてしまっていたのです。

カミソリ負けって、ホントつらいです。1回かゆくなると、かゆみが気になって仕事どころじゃなくなるし・・・。それで、思い切って永久脱毛しようと思ったんです。

永久脱毛したら、自分で脱毛しなくてもよくなるからカミソリ負けしなくなると聞いたので。ホントにそうなるのか、不安もありましたが今の状態を続けるよりはずっとマシかな、と思って決めました。それから友達が通っていたクリニックを紹介してもらって通い始めました。

医師とのカウンセリングの時に、「敏感肌なんですけど大丈夫ですか?」と聞いたら、「大丈夫ですよ」と言われたのでとても安心しましたね。

それから、施術後のアフターケアはしっかりとするように念を押されたので、しっかりとやりましたよ!

それで今は、敏感肌が改善されてきて、あまりかゆくなることもなくなってきました!やっぱりカミソリを使わなくなったので、カミソリ負けを起こさなくなったのが一番効いたんだと思います!

ニキビや肌荒れがあって医療レーザー脱毛をした方の中には、脱毛後に肌荒れが改善されるなどの美肌効果が得られた方も多くいるようです!

まとめ

ニキビがあっても、医療レーザー脱毛をすることはできます。しかし、施術を受けられるかどうかは医師の判断で決まります。カウンセリングや診察時に必ず肌チェックをしてもらって、ニキビ肌でも医療レーザー脱毛できるのか確認していきましょう。

またニキビと同じように、敏感肌やアトピーでも医療レーザー脱毛をすることができます。しかしこの場合も、医師の診察に元づいて施術出来るかどうかを判断します。

敏感肌やアトピーの場合いつも服用している薬があったり、ステロイド剤入りの軟膏を塗っていることも多いです。ステロイド剤を塗りながら、医療レーザーを照射していくのは肌が炎症を起こす原因になるのでこれを避けなければならないからです。

いずれにしてもニキビや敏感肌・アトピー性皮膚炎の場合はクリニックの医師の判断を仰ぎ、治療しながら医療レーザー脱毛することが可能ですから、安心して通うことができます。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする