永久脱毛は家庭用脱毛器でも可能?家庭用脱毛器の種類と効果を比較

永久脱毛したいのですが、家庭用脱毛器で永久脱毛することはできますか?

家庭用脱毛器は照射能力が弱いので、永久脱毛することは出来ません。永久脱毛はクリニックの医療レーザーでなければ出来ないんですよ。

そうなんですね。家庭用脱毛器でも可能かと思っていましたが違うんですね。家庭用脱毛器のことをもっと詳しく教えてもらいたいです。

分かりました。ではここでは、家庭用脱毛器の種類や価格、効果など詳しくご紹介していきましょう。

家庭用脱毛器は自分に合ったものを使いましょう!

家庭用脱毛器で永久脱毛することは不可能ですが、「脱毛にかける金額を少なくしたい」「脱毛サロンやクリニックで脱毛を考えているけど、まずは家庭用脱毛器から試してみようかな」といった方も中にはいるようです。

ここでは家庭用脱毛器の種類や価格、効果などを比較していきながら、家庭用脱毛器のメリットやデメリットにはどんなものがあるのかなどについてもご紹介していきます。

家庭用脱毛器の種類 その1 《フラッシュ式脱毛器》

marla66 / Pixabay

家庭用脱毛器には、「フラッシュ式」「レーザー式」「サーミコン式」「バルジ式」などの種類がありますが、ここでは人気の高い順番にまずは、”フラッシュ式脱毛器”をいくつかご紹介します。

フラッシュ式脱毛器 『ケノン』

①価格・・・・・・・・・・・・69800円
②カートリッジ・・・・別途購入 ストロングカートリッジ9800円など
③照射回数・・・・・・・・1万~最大20万発
④1発単価・・・・・・・・・0.0185円
⑤照射範囲の広さ・・約9センチ(3.7×2.5=9.25㎠)
⑥脱毛できる部位・・全身
⑦メーカー保障・・・・1年

ケノンは国内での家庭用脱毛器の中では、最も人気のある機種です。ケノンには、レベル1からレベル10まで選べる出力調整と、シングルショット・3三連射・6連射も手動で切り替えることが出来る機能がついています。

これにより、自分の肌に合わせた照射出力を細かく設定できるので、敏感肌や肌が弱いという方でも痛くない脱毛をすることができるといわれています。

またエステサロン級のハイパワー照射で脱毛効果もありますし、1ショット0.0185円というコスパにも優れた商品となっています。コンセントにつなぐことができるので、充電する手間もかからないというのも人気理由の一つです。

フラッシュ式脱毛器 『レイボーテ・グランデ』

①価格・・・・・・・・・・・・10800円(スポットアタッチメントとジュレローションセットは別途89640円かかる)
②カートリッジ・・・・交換しなくてもよい
③照射回数・・・・・・・・最小出力で60万発(平均出力では15万発)
④1発単価・・・・・・・・・60万発で約0.0166円(15万発で約0.066円)
⑤照射範囲の広さ・・約12㎠
⑥脱毛できる部位・・目の周囲×
⑦メーカー保障・・・・1年

レイボーテ・グランデの最大の特徴は家庭用脱毛器で初の”冷却機能”がついているということです。ヘッド部分のフラッシュを肌に照射されるのと同時に、クールプレートが熱を冷やしてくれるので、肌をいたわりながら脱毛することができます。

また一般的な家庭用脱毛器は、脱毛前に冷却ジェルや冷蔵庫で冷やしておいた保冷材などを脱毛したい部分に当てて冷やしておく必要があります。

ですが、レイボーテ・グランデには冷却機能がついているので、これらの下準備をする必要が無くなり簡単に脱毛することができます。

使い方は先程ご紹介したケノンと同じように10段階のレベル調整つまみがついているのでそれを自分で調整しながら、脱毛したい部分に照射していくだけです。

痛みもあまりなく、脱毛効果もそれなりにあるといわれていますし、何よりも価格が安いというのが魅力的です。

ですが、小さい部分を脱毛する時に使うスポットアタッチメントと、脱毛後に塗るジュレローションセットが、89640円別途かかるため、ケノンより人気が劣ります。

HPLフラッシュ式脱毛器 『エピレタ』

①価格・・・・・・・・・・・・26784円
②カートリッジ・・・・交換しなくてもよい
③照射回数・・・・・・・・15万回
④1発単価・・・・・・・・・0.016円
⑤照射範囲の広さ・・2.7㎠
⑥脱毛できる部位・・目の周囲×・Iライン×・Oライン×
⑦メーカー保障・・・・1年

エピレタは、女性の手のひらに乗るくらい小さな家庭用脱毛器で、重さは220gくらいしかありません。軽くて小さいので、使いやすいと評判です。

ケノンやレイボーテ・グランデなどはIPLによる光脱毛ですが、エピレタはこのIPLに超音波を加えた”HPLフラッシュ式脱毛器”です。

超音波による振動で肌を優しくケアしつつムダ毛を脱毛していくので、痛みも軽減された脱毛ができる仕様となっています。ただし、性質上日焼けした方にはあまりオススメできません。日焼けした方が使うと、高い確率で皮膚がヤケドを起こしてしまうことが考えられるからです。

家庭用脱毛器のフラッシュ式脱毛器は、現在も脱毛サロンで使われているフラッシュ脱毛機の出力を弱くして製品化したものです。カートリッジ交換が必要なものや使いきりタイプ、コンセント式や充電式など様々なタイプがあります!

家庭用脱毛器の種類 その21 《レーザー・サーミコン・バルジ式脱毛器》

thisismyurl / Pixabay

次に、”レーザー式脱毛器”、”サーミコン式脱毛器”、”バルジ式脱毛器”の順でご紹介していきます。

レーザー式脱毛器 『トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X』

①価格・・・・・・・・・・・・54800円
②カートリッジ・・・・なし
③照射回数・・・・・・・・約15万発(充電1回で約500発、充電300回以上可能)
④1発単価・・・・・・・・・0.338円
⑤照射範囲の広さ・・1㎠
⑥脱毛できる部位・・鼻下から下の全身はOK、デリケートゾーンやVIOラインの脱毛は×
⑦メーカー保障・・・・30日間の返金保証制度あり

トリアの最大の魅力は、ダイオードレーザーを使用しているので脱毛効果が高いというところです。

今までご紹介してきたケノンやレイボーテ・グランデなどは脱毛サロンと同じフラッシュ式脱毛器でしたが、トリアのダイオードレーザーはクリニックで使っている医療用レーザーと同じ仕組みを持ったレーザーなので、高い脱毛効果を期待することができます。

充電式なので経済的ですし使いやすいのですが、脱毛時にちょっと痛みが強いので、そこがネックとなっています。

トリアの販売会社では”ダイオードレーザーは痛い”、と思っている方のために、お試し期間として30日間の返金保証制度も設けてありますので、「どんな痛みなのかな?」と気になっている方はこのような制度を利用してもよいでしょう。

サーミコン式脱毛器 『ノーノーヘアスマートプロ』

①価格・・・・・・・・・・・・10800円
②カートリッジ・・・・なし
③照射回数・・・・・・・・不明
④1発単価・・・・・・・・・不明
⑤照射範囲の広さ・・約2センチ
⑥脱毛できる部位・・目の周囲×、VIO×
⑦メーカー保障・・・・1年

充電式で1時間の充電で約90分使用可能な、サーミコン式の家庭用脱毛器です。サーミコン式というのは、熱戦を使ってムダ毛を焼き切っていく脱毛です。

しかし脱毛といってもサーミコン式は、生えてきたムダ毛の上だけを焼き切っていくというものなので、毛根に熱ダメージを与えてムダ毛を生えなくするという本来の脱毛とは違います。

脱毛ではなく、ムダ毛を目立たせなくするのがサーミコン式の脱毛器です。

「明日、急に海に行くことになったから急いで脱毛しなきゃ!」といったように、1日だけムダ毛を目立たなくしたいという時には使っても問題はないのですが、ムダ毛が半永久的に生えてくなくなる永久脱毛のような効果は全くありません。

これでしたら、サーミコン式はふつうにカミソリやシェーバーで自己脱毛しているのと同じことです。

バルジ式脱毛器 『NEED』

①価格・・・・・・・・・・・・192240円
②カートリッジ式・・1個15540円
③照射回数・・・・・・・・5000発
④1発単価・・・・・・・・・31円
⑤照射範囲の広さ・・7センチ
⑥脱毛できる部位・・目の周囲×
⑦メーカー保障・・・・1年

バルジ式脱毛器は、毛根にあるムダ毛の元になる種のようなものを作る領域の”バルジ領域”に熱ダメージを与えて、バルジ領域を破壊していくことで、ムダ毛を生えなくさせる方法です。

フラッシュやレーザーはムダ毛の毛乳頭まで熱ダメージを届かせて、ムダ毛を作る組織である毛乳頭を破壊していくことでムダ毛をはえなくさせていきますが、バルジ領域は毛乳頭より手前の浅い部分にあるので、フラッシュやレーザーより少ない照射パワーで脱毛効果が出せるという脱毛器です。

しかしバルジ式の家庭用脱毛器NEED(ニード)に約20万円払って自分で脱毛するよりも、クリニックの医療レーザー脱毛を選ぶことをオススメします。

現在は、レジーナクリニックのように全身脱毛でも20万円もかけずに脱毛することが可能だからです。

関連記事大阪で「全身脱毛」するならどこがイイ?効果や料金、口コミから検証するクリニックのランキング5つ!

家庭用脱毛器の種類には他にも、”巻き取り式”のパナソニック『ソイエ』約12000円(充電式)などもありますが、脱毛効果も低く、ディスクにムダ毛をからめて巻き取りながら脱毛していくので非常に痛みを伴うのであまりオススメできません。

家庭用脱毛器で一番効果が高いのはダイオードレーザーを使う『トリア』ですが、痛みが大きいといわれています。次に効果があるのは『ケノン』などのフラッシュ式脱毛器ですが、こちらは痛みが少ない分効果が低いといわれています!

家庭用脱毛器で永久脱毛出来ない理由とは?

Robfoto / Pixabay

家庭用脱毛器は照射出力が弱い

ここまで家庭用のフラッシュ式脱毛器3台と、レーザー脱毛器などいくつかご紹介してきましたが、これらすべての家庭用脱毛器に共通していえることは、”永久脱毛することは出来ない”ということです。

永久脱毛はまた、家庭用のフラッシュ式脱毛器の威力を強くしただけの、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛でも不可能です。

関連記事永久脱毛は脱毛サロンではなぜダメなの?サロンとクリニックの永久脱毛の違い

「じゃあ、家庭用脱毛器でもトリアならダイオードレーザーだから、永久脱毛出来るんじゃないの?」とお考えの方もいるかもしれませんが、家庭用とクリニックの医療レーザーでは、照射出力に雲泥の差があります。

ですから出力が強い医療レーザーは国家資格を持っていて、肌に対する見聞が広く知識も深い、医師や看護師しか触ってはいけない決まりになっています。素人は使ってはいけないと法律で決められているのです。

家庭用脱毛器はヤケドなどが起こらないよう、あらかじめものすごく低い照射出力しか出ないように作られているので、家庭用脱毛器では永久脱毛効果は得られません。

家庭用脱毛器のデメリットは意外と多い?

家庭用脱毛器のメリットは、痛くない、金額が安い、ということでしょう。そしてデメリットは、ズバリ”脱毛効果が低い”ということです。

また他にもデメリットはあって、手の届かない背中などの部分が脱毛できない、ムラができやすい、やけど・肌トラブルは自己責任、面倒になってスグやめてしまう人も多い、など沢山あります。

関連記事ムダ毛の自己処理は危険!?自宅での自己処理が危険な理由9つ

脱毛する時に、「裸を人に見られるのが恥ずかしい」と思って家庭用脱毛器を購入しようと思っているのなら、レジーナクリニックのように完全個室で永久脱毛ができるクリニックを選んでみてはどうでしょうか。

着替えを人に見られることもないですし、施術中はタオルを上手にずらすプロの手際のよさで、恥ずかしさを一切感じさせない脱毛を行うことができます。

それでも「やっぱり恥ずかしい」と思われる方は、カウンセリング時に「施術は女性でお願いします」と申し出るか、もしくはスタッフ全員女性というクリニックも登場してきていますので、そのようなクリニックを選んでも良いでしょう。

また「クリニックは料金が高い!」と思って家庭用脱毛器を買おうと考えているなら、近年は非常に安くで永久脱毛できるクリニックがたくさんあります。

クリニックによっては、ワキの永久脱毛などで”3400円で回数無制限照射”など、激安の料金でワキ脱毛を提供しているクリニックも存在します。

関連記事大阪で「ワキ脱毛」するならどこがイイ?脱毛効果が高いオススメのクリニック5つ

ここまでの説明をみてもお分かりのように、クリニックの医療レーザーは、家庭用脱毛器よりはるかにコスパに優れています。どんなに家庭用脱毛器を毎日必死で操っても、永久脱毛効果は得られませんし、手間と時間と労力は非常にかかりますから疲れます。

関連記事コスパがいいのは医療レーザー脱毛?サロンとクリニックの永久脱毛料金の相場を比較!

また「勧誘がイヤだから」と家庭用脱毛器の購入をしようと思っている方は、”クリニックであれば勧誘はありません”ので安心しましょう。クリニックとは元来、”治療する場所”です。風邪をひいたら内科を受診します。

そこでお医者様や看護師から、何か勧誘を受けたことがありますか?医療レーザー脱毛を行うクリニックも同じことで、勧誘をすることはありません。

関連記事サロンの永久脱毛よりクリニックで永久脱毛するメリット10個

家庭用脱毛器の維持費も手間もかかる、疲れる脱毛を続けられますか?

家庭用脱毛器はカートリッジ式や充電式、いずれも使っている間に止まってしまうと充電が終わるまで待つか、カートリッジが手元になければネット注文などをして到着を待ったりしなくてはいけません。

それに家庭用脱毛器を使う前は、保冷材をたくさん冷やしておいて体に乗せたり、専用の冷却ジェルを買って体を冷やしておかなくてはならない機種もあります。

最初は「家庭用脱毛器は安いから」と思って購入したのに、カートリッジ代、ジェル代、専用ヘッドアタッチメントなどを購入していくと総額は激しく膨れ上がってしまうでしょう。

例えば一番最初に紹介した一番人気のフラッシュ式脱毛器の『ケノン』のカートリッジ代は、ストロングカートリッジ9800円・エクストラカートリッジ9800円・ラージカートリッジ7700円など1万弱のカートリッジ代が別途かかります。

ケノンを50年間使い続けた時のカートリッジ料金を含む総額金額と時間と手間・・・、全てが大きいです。

クリニックの医療レーザー脱毛を選べば、1年~1年半ほどで永久脱毛効果が得られて、しかも医師や看護師による専門知識を持ったスペシャリストによる技術の高い脱毛施術を受けることができます。

医療レーザーは痛いと思っている方も少なくないでしょうが、今は”痛くない医療レーザー”が開発されて、高い脱毛効果を得ながらも痛みの少ない脱毛を叶えることが出来るようになっています。

関連記事ソプラノアイスプラチナムは痛みが少ないって本当?

もし万が一にも肌トラブルが起こった際は、しっかりと診察、治療、薬の処方などを行ってもらえます。しかも現在はレジーナクリニックのように、これらの診察代は治療代・薬代なども無料で行ってくれるクリニックもあります。

家庭用脱毛器で永久脱毛効果のない脱毛をせっせとするより、1~1年半ほどで永久脱毛が完了するクリニックの医療レーザー脱毛を断然オススメします!

家庭用脱毛器は、維持費がかかりますので脱毛にかける金額は最終的に膨らむ可能性が高いです!クリニックの医療レーザー脱毛は、レジーナクリニックのように全ての経費代が始めからコースに組み込まれているようなところもあり総額が分かりやすく、しかもコスパも優れています!

まとめ

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。「カミソリやシェーバーで自己脱毛するよりも楽かも♪」と思って、家庭用脱毛器を購入しようとお考えならば、それはちょっとオススメできません。家庭用脱毛器もカミソリも自分の手で毎日面倒な脱毛作業を行っていくのに、変わりはないからです。

背中、うなじなど目の見えないところや手の届かないところは、脱毛を手助けしてくれる人はいません。自分一人でするしかないのです。それに、カートリッジやジェル代など長い目でコスパを考えても家庭用脱毛器はオススメできません。

クリニックなら永久脱毛することが出来て、しかも脱毛が完了してしまえば自己脱毛する必要はなくなりますから、一生お金も手間もかからず楽です。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

コメントする