光脱毛よりもクリニックの医療レーザー脱毛の方が早く脱毛が終わるって本当?

脱毛をしたいけれど、忙しくて通う時間があまりとれないんです。

そんな方には、医療レーザー脱毛がオススメ!光脱毛よりも少ない施術回数で、早く脱毛を終わらせることができますよ。

光脱毛と医療レーザー脱毛では、脱毛にかかる回数と期間が違うんですね。でも、どうしてですか?

医療レーザー脱毛が、光脱毛よりも早く終わる理由についてご説明します。脱毛を早く終わらせたいなら、断然医療レーザー脱毛がオススメですよ。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりも早く脱毛が完了します

「脱毛はしたいけれど、忙しくて通えない!定期的に通うのが面倒!」

そんな方も多いと思います。そんな方には、脱毛クリニックで行っている医療脱毛がオススメです。

医療レーザー脱毛なら、光脱毛よりも少ない回数で早く脱毛を完了することができるんです。少ない施術回数で早くムダ毛のないお肌になりたい方には、医療レーザー脱毛がぴったりですよ。

脱毛を完了するのにかかる回数と期間

医療レーザー脱毛(クリニック)の場合

医療レーザー脱毛は1回だけの施術ではムダ毛がなくなりません。ムダ毛をなくそうと思ったら、複数回の施術を受ける必要があります。ムダ毛の減り具合には個人差がありますが、

脇、腕、脚、ビキニラインが5回前後

顔、背中、IOラインが8回前後

上記の施術回数が必要になることが多いと言われています。これくらいの施術回数を受けることで、満足する方が多いようです。

医療レーザー脱毛を受けることができる期間も決められています。脱毛クリニックによっても違いますが、医療レーザー脱毛は1回施術を受けたら、2カ月~3カ月程度の期間を開けないといけません。

そのため最速でも、

脇、腕、脚、ビキニラインが10カ月~15カ月

顔、背中、IOラインが16カ月~24カ月

ほどの期間がかかることになります。

光脱毛(サロン)の場合

光脱毛も、1回施術を受けただけではムダ毛はなくなりません。医療レーザー脱毛よりも多くの施術回数が必要となってしまいます。

光脱毛もムダ毛の減り具合に個人差がありますが、

脇、腕、脚、ビキニラインが12回前後

顔、背中、IOラインが20回前後

上記の施術回数が必要になると言われています。これくらいの施術回数を受けることで、自己処理が楽になるレベルになることが多いようですよ。

脱毛サロンで取り扱っている機械の種類によっても、ムダ毛の減り具合は違ってくるので注意してくださいね。

光脱毛も、施術を受ける期間が決められています。脱毛サロンによっても違いますが、1回施術を受けると2~3か月の期間を開けて施術を受けないといけません。

そのため最速でも、

脇、腕、脚、ビキニラインが24カ月~39カ月

顔、背中、IOラインが40カ月~60カ月

ほどの期間がかかることになります。

医療レーザー脱毛の方が少ない回数で早く完了する

医療レーザー脱毛と光脱毛の回数・期間を比べると、医療レーザー脱毛の方が半分以下の回数と期間で脱毛を完了することができると分かりますね。

医療レーザー脱毛は部位によっても違いがありますが、5回前後の施術で脱毛効果に満足する方が多いことから、5回コースを設定している脱毛クリニックがほとんど。その他に、7回コース、8回コースなどもあります。

それに対して脱毛サロンでは、脱毛回数無制限、脱毛期間無制限というコースが多く設定されています。それだけ多くの施術回数をこなして、長い期間通わないといけないということですね。

医療レーザー脱毛と光脱毛では、ムダ毛をなくすまでに必要な施術回数と期間に違いがあります。医療レーザー脱毛なら、光脱毛の半分以下の回数と期間で脱毛を完了することができますよ。

医療レーザー脱毛が早く完了する理由

医療レーザー脱毛のメカニズム

医療レーザー脱毛がどうしてムダ毛を早くなくすことができるのかと言うと、そのメカニズムのおかげです。医療レーザー脱毛は医療機関で行うため、レーザーの出力を高く設定することができます。

レーザーの出力が高くなると、当然脱毛効果も高くなります。そのため、早くムダ毛をなくすことができるんです。

医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応するレーザーを皮膚の表面から照射していきます。毛にはメラニン色素という色素があるため、レーザーは毛に吸収されることに。

吸収されたレーザーは、熱となって毛に蓄積されます。そして蓄積された熱が毛の周りに広がり、毛乳頭という毛を生やす働きに欠かせない組織を破壊します。

毛乳頭を破壊するとどうして毛が生えてこなくなるのかというと、毛乳頭には毛母細胞に栄養を運ぶ役割があるから。毛母細胞は毛を生やす元となる組織なのですが、栄養がないと毛を生やすことができません。

だから毛乳頭がなくなって栄養が届かなくなると、毛も生えなくなりますよ。

医療レーザー脱毛と毛周期の関係

レーザーで毛乳頭を破壊するのに、どうして複数回の施術が必要になるの?と疑問に思う方もみえると思います。それには、毛周期が関係していますよ。

私たちの毛は、自然に抜けたり生えたりを繰り返しています。これを毛周期と言います。毛周期には、毛がしっかりと生えて成長している状態の成長期、毛の成長が止まってから抜け落ちるまでの状態の退行期、毛が抜け落ちて生えていない状態の休止期があります。

これらの毛周期の中で、レーザーの効果を発揮できるのは成長期だけ。成長期の毛は毛根と毛乳頭がくっついているため、毛乳頭にレーザーの熱を反応させることができます。

でも退行期と休止期の毛は毛根と毛乳頭が離れてしまっているため、レーザーの熱を毛乳頭に反応させることができません。そのため退行期と休止期の毛にレーザーを照射しても、脱毛効果を得ることができずにまた毛が生えてきてしまいます。

医療レーザー脱毛は成長期の毛にレーザーを照射するため、毛周期に合わせて2~3カ月の期間を開けてレーザーを照射します。毛周期は毛によって違うため、全ての成長期にレーザーを照射するためには複数回の施術が必要になりますよ。

光脱毛との違い

光脱毛も、基本的に医療レーザー脱毛と同じメカニズムとなっています。大きな違いが、出力の強度。光脱毛は医療機関ではないため、高い出力で照射することができません。

そのため、医療レーザー脱毛が毛乳頭を破壊して毛を生やさないようにするのに対し、光脱毛は毛乳頭にダメージを与えて毛が生えるのを抑えるくらいの効果しか得ることができません。

医療レーザー脱毛よりも脱毛効果が低いため、光脱毛は多くの施術回数が必要になってしまいます。だからこそ、光脱毛は脱毛回数無制限、脱毛期限無制限のコースが人気となっていますよ。

医療レーザー脱毛はレーザーの出力が高く脱毛効果が高いため、光脱毛よりも少ない回数で脱毛を完了することができますよ。回数が少なくて済む分、光脱毛よりも早く脱毛を完了することができます。

まとめ

医療レーザー脱毛は医療機関で行うため、高いレーザー出力で脱毛をすることができます。そのため光脱毛よりも、少ない施術回数、短い期間で脱毛を完了することができますよ。

脱毛に通う回数を少なくしたい方、早く脱毛を終わらせたい方には、光脱毛よりも医療レーザー脱毛がオススメです。早くムダ毛がなくなることで、脱毛に通う時間と、自己処理にかかる時間を節約することができますよ。

全国にある医療脱毛クリニックを料金と評判でランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする